お知らせがあります。

  • 2020/02/12【Amazonギフト券への交換に関するお知らせ】
    2020年2月19日(水)4時30分~7時30分の間 Amazon社のシステムメンテナンスのため、Amazonギフト券への交換および発行済みAmazonギフト券の確認ができなくなります。
    何卒ご理解の程お願い申し上げます。
Close

中国と日本の医学研究者は週末や深夜に仕事をする人が多いようだ(解説:折笠 秀樹 氏)-1169

提供元:臨床研究適正評価教育機構

印刷ボタン

公開日:2020/01/21

本記事のコメンテーター

折笠 秀樹( おりがさ ひでき ) 氏

富山大学大学院医学薬学研究部バイオ統計学・ 臨床疫学 教授

J-CLEAR評議員

2012年から2019年にかけて、BMJ/BMJ Open誌に論文が投稿された日時を調べた。加えて、同誌の査読が提出された日時も調べた。週末や深夜に提出されることも多々あり、医学研究者の仕事は9時5時とは限らない現実が明らかになった。国別に分析したところ、中国と日本はダントツで週末や深夜に仕事をする人が多かった。BMJもBMJ Openも大差がなかったので、BMJのデータを見ると、週末・祝日に論文投稿した割合は22%であった。査読提…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

折笠 秀樹先生の他のコメント

J-CLEAR(臨床研究適正評価教育機構)とは

J-CLEAR(臨床研究適正評価教育機構)は、臨床研究を適正に評価するために、必要な啓発・教育活動を行い、わが国の臨床研究の健全な発展に寄与することを目指しています。
本企画では、J-CLEARの活動の一環として、CareNet.comで報道された海外医学ニュース「ジャーナル四天王」に対し、臨床研究の適正な解釈を発信します。