コンテンツアーカイブ

英語で「代表的な症例」は?…プレゼンに役立つフレーズ150選

英語で「代表的な症例」は?…プレゼンに役立つフレーズ150選のイメージ

丸ごと使えて応用自在な医学英語フレーズを厳選ピックアップ!今回は、発表のゴールを示すためのフレーズ5つを紹介します。

最終更新:2017/03/01

今さら聞けないビグアナイド薬の作用

今さら聞けないビグアナイド薬の作用のイメージ

欧米で糖尿病治療の第1選択薬となっているビグアナイド。非肥満患者への効果、注意が必要な高リスク患者など処方に際して押さえておきたいポイントを厳選して解説します。

最終更新:2017/03/01

書籍紹介『超・開業力』

書籍紹介『超・開業力』  のイメージ

クリニックを開業し、在宅医療の現場で日々奮闘している筆者が、開業準備、日常業務の進め方・効率化などのノウハウを、わかりやすくレクチャーする1冊。

最終更新:2017/03/01

上田剛士氏の新世代「診断学」 第3弾!

上田剛士氏の新世代「診断学」 第3弾!のイメージ

Dr.たけしの本当にスゴい症候診断3 第1回 ショックへのアプローチ。医師として当たり前の診断を、膨大なエビデンスを綿密かつ公正に分析して行うDr.たけし流症候診断学もとうとう最終シリーズ。今回はショックがテーマ。エビデンスから導き出された効果的で速やかな診断プロセスを学びましょう。

最終更新:2017/03/01

(再掲)縦覧点検で検査歴がわかり査定

(再掲)縦覧点検で検査歴がわかり査定のイメージ

腫瘍マーカーの検査が、算定要件誤りで査定された事例です。算定上、回数に限りのある検査について、注意点を解説します。

最終更新:2017/02/28

書籍紹介『動脈血液ガス 一刀両断!』

前半で呼吸と酸塩基平衡の基本的概念を理解し、後半では症例を通して、動脈血液ガスの解釈を学習します。動脈血液ガスの異常を多くのパターンで学び、同時に症例を基にした問題演習で鍛えることができる1冊。

最終更新:2017/02/28

対応がなく、n数が少ない2群を検定する方法

母集団の分布が不明で、サンプルサイズが小さい場合に使用される「ノンパラメトリックの検定」。今回はその中で「対応のない」場合の検定を解説します。

最終更新:2017/02/27

注目の経カテーテル僧帽弁置換デバイス、短期成績が明らかに

大動脈弁より課題が多いと考えられてきた経カテーテル僧帽弁置換。注目を集める本領域の治療デバイスの代表、Tendyneの短期予後に関する研究結果が発表された。

最終更新:2017/02/27

「油を売る」から会話を発展

身近な言葉から患者さんとのコミュニケーションを発展させ、療養指導へつなげる方法を、坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2017/02/27

ギャンブル依存症はなぜ男性に多いのか?…「カイジ」と「アカギ」

命がけでギャンブルをするカイジとアカギ。彼らはなぜギャンブルをするのか? その心理(ギャンブル脳)を進化医学的な視点で解き明かし、依存症への対策を探る。

最終更新:2017/02/24

書籍紹介『心音 一刀両断!』

心音聴診の基本をマスターでき、インタラクティブソフトウェアで効果的に学べる書籍の登場です。日本語版独自の解説も追加し、 独習で心音・心雑音を正確に同定する自信がつきます。電子書籍付。

最終更新:2017/02/24

冬の低温やけどにご用心(患者説明スライド)

冬は暖房器具で低温やけどの多い季節。患者さんへの注意事項、治療で気を付けるポイントを1枚のスライドでお届けします。

最終更新:2017/02/24

せん妄を疑ったら、まずやるべきことは?…Dr.小川が解説

今回のテーマは「せん妄」。 回答者は当該領域のスペシャリスト、国立がん研究センター 東病院精神腫瘍科 科長 小川 朝生氏です。

最終更新:2017/02/23

患者満足度向上の工夫…【Dr.中島の新・徒然草】

「3時間待ちの3分診療」などと皮肉を込めていわれることがありますが、短時間診療でも患者満足度は上げられます。中島先生が実践しているちょっとした工夫とは?

最終更新:2017/02/23

100kmの山越え搬送やむなし 苛酷な岩手の医療事情

大学病院循環器内科の役割とは?都会では想像できない厳しい医療事情のなかで、岩手医科大学循環器内科はどのように取り組んでいるのか。森野 禎浩氏に聞いた。

最終更新:2017/02/23

書籍紹介『肺癌診療ガイドライン 2016年版 第4版』

今回の改訂では免疫チェックポイント阻害剤をはじめ、各種新薬承認を反映。また、悪性胸膜中皮腫および胸腺腫瘍診療ガイドラインも含んで、EBM手法に基づいた効果的・効率的な診断・治療法を体系化。

最終更新:2017/02/23

減塩メニューのカギは調味料にあり!…糖尿病食事指導スライド

カロリーには気を遣っていても、意外と塩分を取り過ぎていることがあります。同じメニューでも確実に塩分を減らせるコツを、具体的に伝えられる指導スライドです。

最終更新:2017/02/22

1年間給与を貰えて休学できるシステムとは…Cardiologistへの道@Stanford

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/02/22

小児の鈍的頭部外傷にCT検査はどこまで必要?

Dr.林とDr.Goldmanの笑劇的臨床論文放談 Season2 第5回 小児の鈍的頭部外傷にCT検査はどこまで必要? 頭蓋骨骨折を伴う小児の鈍的頭部外傷の場合、CT検査を行うべきか?行うとすればどのような場合か? アメリカの25の救急病院で、43,904人もの頭部外傷小児のデータを集めた大規模な臨床研究から導き出された答えとは!

最終更新:2017/02/22

森 豊先生に聞く!α-グルコシダーゼ阻害薬のキホン

α-GIはどのような患者に適しているのでしょうか?消化器系の副作用が出た場合や食直前に飲み忘れた場合の対応など多くの先生方からの質問に回答します。

最終更新:2017/02/21

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら