コンテンツアーカイブ

砂に生き埋めになった少年…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

砂に生き埋めになった少年…Dr.倉原の“おどろき”医学論文のイメージ

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第133回は、「砂に生き埋めになった少年」。

最終更新:2019/02/15

高齢HER2陽性乳がんに、安全かつ有効な化学療法を…JCOG1607(HERB TEA)

高齢HER2陽性乳がんに、安全かつ有効な化学療法を…JCOG1607(HERB TEA)のイメージ

高齢の進行HER2陽性乳がんに対する毒性の軽い、新たな治療としてのT-DM1を評価するHERB TEA (JCOG1607)Studyが開始された。同試験の研究事務局である国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科 下村 昭彦氏に聞いた。

最終更新:2019/02/15

復習 肺がん2018年後半のトピック…免疫CP、TRK、ROS1阻害薬

復習 肺がん2018年後半のトピック…免疫CP、TRK、ROS1阻害薬のイメージ

ここ数年で大きな変化を示す肺がん治療。WCLC2018、ESMO2018の注目トピックを兵庫県立がんセンター 里内美弥子氏が解説。第2回は免疫CP、TRK、ROS1阻害薬。

最終更新:2019/02/15

知らないと悲劇? 毎朝血糖値測定を欠かさない患者

知らないと悲劇? 毎朝血糖値測定を欠かさない患者のイメージ

脂質異常症を合併する糖尿病患者が来局。コレステロールと中性脂肪が改善しないため、スタチンの処方が変更されたが、薬剤師は併用薬との相互作用に気づく。正しい疑義照会のポイントは?

最終更新:2019/02/15

志水太郎の診断戦略ケーススタディ

志水太郎の診断戦略ケーススタディのイメージ

志水太郎が「診断戦略」でNEJMの難症例を解く!

最終更新:2019/02/15

本当に花粉症と診断して良いかわからない症例が多い(かぜとの区別)

これからシーズンを迎える「花粉症」。非専門医が実臨床で覚えておくべきポイントを5つに絞り、Q&A形式で解説する。回答者は日本医科大学 大久保公裕氏。

最終更新:2019/02/14

1ヵ月で減量成功!…Dr.中島の新・徒然草

2019年も2月に突入。1月に立てた目標に着実に近づいている人もいれば、そうでない人もいますよね。今回は1ヵ月で見事に目標を達成したDr.中島のプランニングをのぞいてみましょう。

最終更新:2019/02/14

最近若年者に多い全身痛の特徴と関連痛

今回は、「全身痛」について学習します。線維筋痛症に代表される難治性疼痛疾患。診断や関連する病態について花岡一雄氏がコンパクトに解説いたします。

最終更新:2019/02/14

書籍紹介『その呼吸器診療 本当に必要ですか?』

呼吸器領域の日常臨床の常識に「果たしてその診療は本当に必要なものなのか」一石を投じる1冊。グレーゾーンの29テーマをピックアップし、Dr.倉原が独自の切り口で解説します。

最終更新:2019/02/14

1回服用のインフルエンザ治療薬の実力は?…論文で探る服薬指導のエビデンス

1回服用のインフルエンザ新薬がテレビなどで紹介されて患者さんの関心が高まる一方、慎重な使用を呼びかける声も聞こえています。症状が改善するまでの時間、懸念されている耐性をどのように説明すればよいのでしょうか?

最終更新:2019/02/14

人工知能に勝つ株の必勝法はあるか?…医師のためのお金の話

人工知能(AI)を搭載した機器やサービスが増えています。株の取引でも、こうした技術が活用されているようです。今後、人間の知能が入り込む余地は、あるのでしょうか。

最終更新:2019/02/13

消化器がん治療のホットトピックはこれだ/ASCO-GI2019

ASCO-GI2019のトピックを聖マリアンナ医科大学 砂川優氏がレポート。消化器がんKEYNOTE-181試験などの最新知見を紹介。

最終更新:2019/02/13

書籍紹介『誰も教えてくれなかったおカネの話』

医業のかたわら株式投資もバリバリこなすスーパー勤務医Dr.Kの人気コラムが書籍で登場。医療者に知ってほしいおカネの話を書きつづります。

最終更新:2019/02/13

第6回 体温、意識レベルの評価方法

独居の老人宅に訪問した時、患者さんが倒れていたという状況を考えてみましょう。びっくりしてしまいますが、近寄る前に、まず周囲の安全を確認してください。まさかガス漏れでは?吐物など感染の危険はありませんか。

最終更新:2019/02/13

今こそ風邪診療を見直す時…Dr.倉原の“俺の本棚”

倉原氏が自身の本棚から「これは!」とウナる本を毎月1冊ピックアップ。思わず読みたくなる”医書”を紹介します。第14回は「今こそ風邪診療を見直す時」。

最終更新:2019/02/12

「ここだけの話」って英語で?

「まだ公式発表じゃないけど」「ここだけの情報だけど」と伝えておきたいとき、ビジネスの場でも使える表現をご紹介します。あの業界用語の由来はここから!?

最終更新:2019/02/12

進歩が著しい血友病の治療

血友病患者の予後は、定期補充療法により、飛躍的に改善しました。そして近年では、治療薬も進化しています。本症の最新知見を鈴木隆史氏が解説します。

最終更新:2019/02/12

この希少疾病の治療法は?

希少疾病ライブラリに掲載中の疾患をダイジェストでご紹介。第2弾は「ムコ多糖症I型」「ムコ多糖症II型」「ムコ多糖症VI型」。症状、病因、治療などをスライドで解説します。

最終更新:2019/02/12

書籍紹介『ビビらず当直できる 内科救急のオキテ』

当直で必要なのは「いま何をやるべきか」の正しい“判断”。15症例をベースに救急外来で必要な考え方を学ぶことで、正しい判断力が身につく1冊。

最終更新:2019/02/12

MRと自由に話せない時代がやってきた!

MRの採用数減少とプロモーションに関する行動基準の厳格化によって、情報提供のスピードや質、方法に変化が生じる可能性があります。今後のMRとの会話は録音され、直接質問に答えてもらえない時代が来るかも!?

最終更新:2019/02/12

Pages