コンテンツアーカイブ

格安SIMに替えたら、いくら携帯料金が浮くのか?

外科医けいゆうの気になる話題

格安SIMに替えたら、いくら携帯料金が浮くのか?のイメージ

今、SNS上で医療者からも患者からも信頼を得る「外科医けいゆう」こと山本健人氏が、身の回りの気になる話題を取り上げます。第3回は「格安SIMに替えたら、いくら携帯料金が浮くのか?」。

最終更新:2019/06/26

頭部外傷診断の反射神経の鍛え方

救急診療の基礎知識

頭部外傷診断の反射神経の鍛え方のイメージ

今回は「頭部外傷」診療へのアプローチです。症例は、失神で倒れた高齢女性。外傷もあり、ふだん高血圧や脂質異常症の治療薬を服用中です。視診、検査、推論など診療のプロセスのポイントを坂本壮氏が解説します。

最終更新:2019/06/26

commonな痛み「腰痛」をおさらい

エキスパートが教える痛み診療のコツ

commonな痛み「腰痛」をおさらいのイメージ

今回のテーマは「腰痛」。老若男女問わず、最も代表的なcommon diseaseの1つである腰痛の基本概念について、痛み診療のエキスパート、花岡一雄氏が解説。

最終更新:2019/06/26

いくつになってもきれいな肌でいたい

Dr.デルぽんの診察室観察日記

いくつになってもきれいな肌でいたいのイメージ

「もう見た目を気にする歳でもないんだけど…」と言いつつ、誰しも肌がきれいだと嬉しいもの。今回は、紫外線や加齢が原因で起こる「イボ」治療について、診察室でのひとコマをデルぽん先生が描きました。

最終更新:2019/06/25

「ほっこり」って英語で?

なるほど英語

「ほっこり」って英語で?のイメージ

「ほっこり」の対訳はよく使うあの単語。ここでは単語だけでなく1つの文例を紹介しながら、感情についての話であることを強調する方法をお教えします。

最終更新:2019/06/25

夏季に増悪しQOLを下げる皮膚難病

希少疾病ライブラリ

家族性良性慢性天疱瘡は指定難病となっている皮膚疾患です。青壮年期に多くが発症し、根治療法はありません。本症の最新知見を橋本隆氏が解説します。

最終更新:2019/06/25

薬剤師飽和時代がいよいよ到来 厚労省の研究報告

早耳うさこの薬局がざわつくニュース

薬剤師の今後の需要に関する研究結果が発表されました。2043年度には、薬剤師は供給過多になるとされており、薬剤師飽和時代がいよいよ到来するかもしれません。研究結果をうさこ先生が読み解きます。

最終更新:2019/06/25

アルバイト代はどのくらい?

医師1,000人に聞きました!

ケアネット会員医師1,000人に聞いた、年収に関する現実と本音のアンケート結果、第2弾。主収入以外のアルバイト代について、年代、性別、病床数、勤務施設、診療科ごとにデータをまとめました。

最終更新:2019/06/24

不整脈を焦らず対処できるダイヤグラム

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

普段使っている心電図は、心臓の目に見える活動を把握するには有用ですが、不整脈のような電気刺激の乱れはわかりません。そんな時に便利な“心臓刺激のダイヤグラム”を紹介します。

最終更新:2019/06/24

長生きするスポーツはどれ?

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

生活習慣病の予防・治療には運動が不可欠ですが、継続するスポーツによって、平均余命に差があるようです。テニス、サッカー、体操では、どれが1番長生きできるのでしょうか。クイズ形式で考えてみましょう。

最終更新:2019/06/24

カモスタットの処方間違いで査定

レセプト査定の回避術

カモスタットを逆流性食道炎に処方して査定された例を紹介します。その他、プラバスタチンの査定など4つの事例を櫻井雅彦氏が解説します。

最終更新:2019/06/24

母の死をきっかけにグリーフケアを極めた大森眞樹先生

週刊・川添ラヂオ

今回のゲストは熊本県の大森眞樹先生。母親を亡くし、自らグリーフ(悲嘆)を抱えた経験からグリーフケアの資格を取得。その重要性と傾聴の技術について語ります。

最終更新:2019/06/24

カレーを食べて血管炎の症状指標に

Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第141回は、「カレーを食べて血管炎の症状指標に」。

最終更新:2019/06/21

Albが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「エーエルビーって結果でよく見ますけど、何ですか?」といった患者さんの疑問を、獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修するスライドで、サクッと解決しませんか?

最終更新:2019/06/21

先生が高齢者でラメルテオン+抑肝散を選んだ意外な理由は?

AMEE学習動画ピックアップ

ゾルピデムからラメルテオン+抑肝散に変更になった患者さん。薬剤師たちはその理由を副作用や効果が現れ過ぎたためだと推理しますが、本当の意図とは何だったのでしょうか。高齢者で気になるベンゾジアゼピン系薬剤の副作用やその際の代替薬を、先生の経験に基づいて紹介します。

最終更新:2019/06/21

年収が高い診療科は?

医師1,000人に聞きました!

ケアネット会員医師1,000人に聞いた、年収に関する現実と本音のアンケート結果。第1回は、昨年度の年収について、年代、性別、病床数、勤務施設、診療科ごとにまとめてみました。

最終更新:2019/06/20

IBDの治療戦略はどう立てる

診療よろず相談TV

日常診療でも診療機会のあるIBD(炎症性腸疾患)。その診断や治療薬である5-ASA製剤や抗体製剤の特徴など、日比紀文氏(北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長)が解説します。

最終更新:2019/06/20

横から失礼します

Dr.中島の新・徒然草

Dr.中島に負けない勉強家の奥様。オンライン英会話に四苦八苦する様子を見て、Dr.中島自身も参戦してみたところ、これが意外に…。

最終更新:2019/06/20

アフターピル処方、どこまでハードル下げる?

患者コミュニケーション塾

昨年度の診療報酬改定で注目されるようになったオンライン診療。手探り状態の中で議論を呼んだのが、アフターピルの取り扱いです。先生方、どう考えますか?

最終更新:2019/06/20

ASCO2019消化器がんレポート(大腸がん)

学会レポート

ASCO2019下部消化管の最新情報を、相澤病院 がん集学治療センター 化学療法科の中村将人氏がレポート。大腸がんの最新情報はこれだ。

最終更新:2019/06/20

Pages

会員の方へ