コンテンツアーカイブ

何年禁煙すれば、がんリスク低下?(患者説明用)

何年禁煙すれば、がんリスク低下?(患者説明用)のイメージ

あらゆるがんのリスクが指摘される喫煙。禁煙何年で喫煙歴ゼロの人と同等のがんリスクに低下するのかを説明するスライドです。

最終更新:2018/02/23

HBOC診療の実際~チーム医療の観点から~

HBOC診療の実際~チーム医療の観点から~のイメージ

「実戦! THE NEXT STEP HBOC診療」をテーマに開催された第6回日本HBOCコンソーシアム学術総会。前編として「チーム医療」の概要を紹介する。

最終更新:2018/02/23

腎機能の評価法と説明の仕方は?…診療よろず相談TV

腎機能の評価法と説明の仕方は?…診療よろず相談TVのイメージ

「CKD」編第1回、今回のテーマは腎機能の評価法と説明の仕方について。回答者は当該領域のスペシャリスト、国立病院機構東京医療センター腎臓内科の松浦友一氏です。

最終更新:2018/02/22

いい気分になる疑義照会…Dr.中島の新・徒然草

いい気分になる疑義照会…Dr.中島の新・徒然草のイメージ

他職種とのコミュニケーション、どうせならお互い気持ちよく、得意分野を活かせるようにしたいものです。中島先生提案の、効率的で気分もいい、疑義照会の3つのコツとは。

最終更新:2018/02/22

適切な病理診断、バイオマーカー検査のため臨床医に知ってほしいこと

適切な病理診断、バイオマーカー検査のため臨床医に知ってほしいことのイメージ

病理標本の質により病理診断やバイオマーカー検査の結果は変わってしまう。結果、最適な治療のチャンスを逃してしまうことも。遺伝子病理の第一人者、谷田部恭氏が、臨床医のために病理標本の製作工程を簡潔に解説。

最終更新:2018/02/22

続く経営のコツは「小さく産んで…」

診療所の開業資金はどのくらい必要でしょう。また、そのときに注意することは何でしょう。そんな疑問に、開業支援を手掛ける医療コンサルタント田中利樹氏が回答します。

最終更新:2018/02/21

チョコ好きの患者さんがはまる落とし穴…Dr.坂根の外来NGワード

健康に良いともいわれるチョコにも、さまざまな肥満への罠が仕掛けられています。今回は、チョコを食べるうえで注意する点を解説します。

最終更新:2018/02/21

救急で困る「精神科症状」マネジメント

救急で困る「精神科症状」マネジメント 第1回「精神科診断の基本を知る」。救急外来で精神科症状のある患者さんと出会って、どう対処するか困ったことはありませんか? 精神科医でもありながら、救急医として救急の現場の第一線で働く医師久村正樹氏が精神科以外の医師でも対応できるよう、その対処法を指南します。

最終更新:2018/02/21

「便通は正常?」「眠れないことはある?」を英語で言うと?…病院ぐりっしゅ!

簡単だがとっさに思い浮かばない診療現場のお役立ち英語フレーズを厳選ピックアップ。第4回は症状以外の日常の変化を聞くときに使える5つのフレーズ。(再掲)

最終更新:2018/02/20

毎日のパルミコートの吸入手順を確認…吸入薬使い方ガイド

パルミコートの吸入手順を確認します。吸入準備の細かい作業を動画でご覧ください。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/02/20

書籍紹介『がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン2017年版 第2版』

がん患者の消化器症状の緩和について、主要な症状の最新の文献レビューを行い、全面的に改訂しました。そのほか、便秘などについても臨床疑問を設定し、日々の臨床で使える内容となっています。

最終更新:2018/02/20

書籍紹介『一問一答! 腰痛のエビデンス』

腰痛をめぐるさまざまなトピックに「疑問」を立て、それらに対して国内外の多数の文献や著者の豊富な臨床経験を元に検証を実施。一問一答形式でコンパクトに解説しています。

最終更新:2018/02/20

健康への投資で医療費の心配をなくす

医療費が心配だと不安な患者さんに、今の努力が将来の医療費の不安解消につながることを説明します。糖尿病合併症を起こした場合のリスクも交えて説明してみましょう。

最終更新:2018/02/19

書籍紹介『あたらしい皮膚科学 第3版』

新たに約250点にのぼる臨床・病理写真、模式図、表を追加した皮膚科学のテキストの第3版。最新の知見を盛り込み、さらに読みやすく、使いやすく進化しました。皮膚科診療に携わる医療者に必携の1冊。

最終更新:2018/02/19

AJCC がんStaging Manual適用開始…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。今回は本年1月より適用開始となったAJCCがんStaging Manualについて紹介する。

最終更新:2018/02/19

Twitterでカンファレンスする時代?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第109回は、「Twitterでカンファレンスする時代?」。

最終更新:2018/02/16

書籍紹介『TNM悪性腫瘍の分類 第8版 日本語版』

がんの病期を記載・分類するための国際基準、7年ぶりの改訂版が登場。p16陽性中咽頭がん、胸腺がん、膵神経内分泌腫瘍などの追加のほか、子宮頸部、前立腺などのエッセンシャルTNMの章が新設されました。

最終更新:2018/02/16

尿路感染症を繰り返す患者を専門医に紹介するタイミングは…Dr.清田が解説

今回のテーマは、尿路感染症を繰り返す患者を専門医に紹介するタイミングについて。回答者は当該領域のスペシャリスト、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 泌尿器科教授の清田浩氏です。

最終更新:2018/02/15

「ナース冷たすぎワロタ」…Dr.中島の新・徒然草

冷たくもなるでしょう!と思いますが、症状に苦しんでいることには違いなく、急変の可能性も…。深夜の救急に現れる酔っ払い患者への、“大人な?”対応術とは。

最終更新:2018/02/15

これが僧帽弁閉鎖不全の低侵襲最新治療「MitraClip」の実際だ

高齢化と共に増加する僧帽弁閉鎖不全症(MR)。MRでは早期治療が重要だが、手術が適応できず治療が遅れる例も少なくない。そのようななか登場した経カテーテルの僧帽弁治療MitraClipの原理を紹介する。

最終更新:2018/02/15

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら