アメフト経験者の約9割に慢性外傷性脳症/JAMA

提供元:
ケアネット

アメフト経験者の約9割に慢性外傷性脳症/JAMAのイメージ

 あらゆるプレーレベルの経験者を含む、亡くなった元アメリカンフットボール選手の脳検体202例を調べたところ、その87%で慢性外傷性脳症(CTE)の神経病理学的所見が確認されたことが報告された。とくに元ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)選手の脳検体111例では99%にCTEが認められたという。米国・ボストン大学のJesse Mez氏らによる報告で、JAMA誌2017年7月25日号で発表した。結果を踏まえて著者は、「CTEがフットボールを経験したことに関係していることが示唆された」と述べている。

頭部外傷歴や臨床症状についても聞き取り調査
 研究グループは、202例の死亡した元アメリカンフットボール選手から提供された脳検体を用いた症例集積研究を行った。神経病理学的評価を行うとともに、選手時代のことを知る情報提供者に、研究目的を知らせずに電話で聞き取り調査を行い、頭部外傷歴などの臨床的評価も行った。また、オンラインアンケートで競技歴および軍歴を確認した。被験者は、様々なプレーレベルの元選手を含んでいた。

 CTEなどの神経変性疾患の病理学的診断、および情報提供者から得られた競技歴、2014年以降の死亡例については、生前の行動学的症状、心的症状、認知症状、および認知症など臨床的症状を調べた。CTEは規定の診断基準に基づき、神経病理学的重症度(ステージI~IV、もしくは軽度[ステージI/II]または重度[ステージIII/IV]の二分)の評価を行った。

重度CTEは元大学・セミプロ選手で56%、元プロ選手は86%
 被験者202例の死亡時年齢の中央値は66歳(四分位範囲:47~76)だった。プレーレベル別の内訳は、高校入学前2例、高校14例、大学53例、セミプロ14例、カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)8例、NFL 111例。

 神経病理学的にCTEが認められたのは177例(87%)で、死亡時年齢中央値は67歳(四分位範囲:52~77)、平均選手歴年は15.1年(SD 5.2)だった。また、177例のうち元NFL選手は110例で認められ、調査対象の元NFL選手被験者111例の99%を占めた。元高校入学前選手ではCTEが認められなかったが(0例)、元高校選手では21%(3例)、元大学選手は91%(48例)、元セミプロ選手64%(9例)、元CFL選手88%(7例)でそれぞれ認められた。

 CTEの神経病理学的重症度について、元大学選手56%(27例)、元セミプロ選手56%(5例)、元プロ選手86%(101例)で重度と判定された。

 また、軽度CTEと判定された27例のうち、行動学的症状、心的症状のいずれかまたは両方が認められたのは96%(26例)、認知症状は85%(23例)で、また認知症の兆候が認められたのは33%(9例)だった。一方、重度CTEと判定された84例のうち、行動学的症状、心的症状のいずれかまたは両方があったのは89%(75例)、認知症状は95%(80例)で、認知症の兆候が認められたのは85%(71例)だった。

(医療ジャーナリスト 當麻 あづさ)

専門家はこう見る:CLEAR!ジャーナル四天王

アメフト選手の約9割に慢性外傷性脳症(CTE)(中川原譲二氏)-722

コメンテーター : 中川原 譲二( なかがわら じょうじ ) 氏

大阪なんばクリニック 院長

国立循環器病研究センター 脳神経外科 客員部長

J-CLEAR評議員

原著論文はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)