ついに出た!HFpEFのエビデンスーEMPEROR-Preserved(解説:絹川 弘一郎 氏)-1438

提供元:臨床研究適正評価教育機構

印刷ボタン

公開日:2021/09/17

本記事のコメンテーター

絹川 弘一郎( きぬがわ こういちろう ) 氏

富山大学大学院医学薬学研究部内科学第二(第二内科) 教授

J-CLEAR推薦コメンテーター

やっとである。HFpEFに対する薬剤エビデンスがついに出た。ここまでCHARM-preservedから18年かかった。プラセボ群に19%ACE阻害薬が入った上でカンデサルタンも惜しいところまで行っていて、死亡を抑制しないからダメとかカッコつけていたその時代が懐かしいばかりで、今時pEFに死亡抑制のエビデンスを求めるのは「八百屋で魚をくれ」というものだ。 PEP-CHFのプラセボ群の4分の1は1年経ったら参加医師が盲検化を破ってACE阻害薬…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

絹川 弘一郎先生の他のコメント

J-CLEAR(臨床研究適正評価教育機構)とは

J-CLEAR(臨床研究適正評価教育機構)は、臨床研究を適正に評価するために、必要な啓発・教育活動を行い、わが国の臨床研究の健全な発展に寄与することを目指しています。
本企画では、J-CLEARの活動の一環として、CareNet.comで報道された海外医学ニュース「ジャーナル四天王」に対し、臨床研究の適正な解釈を発信します。