「二次性進行型」多発性硬化症患者における身体機能障害の進行抑制に朗報(解説:森本 悟 氏)-837

提供元:
臨床研究適正評価教育機構
企画協力J-CLEAR

コメンテーター

森本 悟( もりもと さとる ) 氏

東京都健康長寿医療センター 神経内科

J-CLEAR推薦コメンテータ

多発性硬化症(MS)全患者の約85%が再発寛解型であり、その約25%が10年以内に、約75%以上が30年後には二次性進行型MS(secondary progressive multiple sclerosis、以下SPMS)に移行する。また、早期からの軸索… [続きを読む]

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

J-CLEAR(臨床研究適正評価教育機構)とは

J-CLEAR(臨床研究適正評価教育機構)は、臨床研究を適正に評価するために、必要な啓発・教育活動を行い、わが国の臨床研究の健全な発展に寄与することを目指しています。

本企画では、J-CLEARの活動の一環として、CareNet.comで報道された海外医学ニュース「ジャーナル四天王」に対し、臨床研究の適正な解釈を発信するものです。