お知らせがあります。

  • 2020/07/06【上部メニュー変更のお知らせ】
    2020年7月15日より、CareNet.com PC版の画面上部にあるメニュー項目の右端に表示されている「論文検索」が移動いたします。
    移動後は「PubMed CLOUD」と名称を変更して、「ニュース/論文」の項目をクリックした後に表示されます。
  • 2020/06/30 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止への協力として、テレワークを実施しておりますため、弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年7月31日(金)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

治療抵抗性うつ病を予測する臨床的因子~欧州多施設共同研究

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2018/10/31

 

 欧州リサーチコンソーシアムの治療抵抗性うつ病研究グループ(GSRD)による治療抵抗性うつ病(TRD)の早期発見と、TRDにおける治療アウトカムのクロスサンプルを予測するため、欧州各地より募集されたTRD-IIIサンプルにおける臨床的変数を、オーストリア・ウィーン医科大学のA. Kautzky氏らが調査した。Acta Psychiatrica Scandinavica誌オンライン版2018年10月5日号の報告。

 TRDの定義は、2つ以上の抗うつ薬試験後にMontgomery Asbergうつ病評価尺度(MADRS)スコアが22点以上とした。治療反応の定義は、MADRSスコア50%以上の低下および閾値が22点未満とした。TRDの予測因子は、916例の患者を対象に、16の臨床的変数について、ロジスティック回帰を用いて分析を行った。治療アウトカムの予測は、Elastic net回帰分析を用いて分析を行った。

 主な結果は以下のとおり。

・TRDリスク増加の予測因子は、以下のとおりであった。
 ●症状重症度(OR:3.31)
 ●精神症状(OR:2.52)
 ●自殺リスク(OR:1.74)
 ●全般性不安障害(OR:1.68)
 ●入院患者の状況(OR:1.65)
 ●過去に投与された抗うつ薬数の多さ(OR:1.23)
 ●生涯うつ病エピソード(OR:1.15)
 ●現在のエピソード期間の長さ(OR:1.022)

・TRDの予測精度は、独立した検証セットであるTRD-Iにおいて、0.86であった。

 著者らは「TRDの最も顕著なリスク因子は、症状重症度、自殺リスク、生涯うつ病エピソード数の多さ、不安障害の併発であった。TRD-IIIにおける有意な予測因子は、以前の研究であるTRD-Iにおける治療アウトカムの予測を許容していた」としている。

■関連記事
治療抵抗性うつ病の予測因子に関するコホート研究
治療抵抗性うつ病は本当に治療抵抗性なのか
SSRI治療抵抗性うつ病、治療前に識別可能か:大分大

(鷹野 敦夫)