松戸市 在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会

  • 公開日:2013/06/20
東京大学高齢社会総合研究機構が開発した研修教材に基づき、松戸市医師会の主催で2012年12月1-2日に開催された、『在宅医療推進のための地域における多職種研修会』の模様をお届けします。
松戸市で従事する多職種の医療職の方が一同に会し、在宅医療総論、地域資源の活用、診療報酬・制度などの在宅医療導入時に気になる点から、認知症・がん緩和ケアにおける診療やIPW連携など、より地域に密着した、実践的な、ワークショップ主体のプログラムです。
対象者は、開業医、病院医師、歯科医師、薬剤師、訪問看護師、病院看護師、介護支援専門員、病院ソーシャルワーカー等です。

2日目 番組一覧 【全7回】

1日目 番組一覧 【全5回】

講師

辻 哲夫 ( つじ てつお ) 氏東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授

川越 正平 ( かわごえ しょうへい ) 氏あおぞら診療所 院長

苛原 実 ( いらはら みのる ) 氏医療法人社団実幸会 いらはら診療所 院長

堂垂 伸治 ( どうたれ のぶはる ) 氏どうたれ内科診療所 院長

木村 琢磨 ( きむら たくま ) 氏東埼玉病院 内科・総合診療科医長

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]