不眠症におけるデュアルオレキシン受容体拮抗薬とその潜在的な役割に関するアップデート

提供元:
ケアネット

不眠症におけるデュアルオレキシン受容体拮抗薬とその潜在的な役割に関するアップデートのイメージ

 現在の不眠症に対する薬物治療は、すべての不眠症患者のニーズを十分に満たしているわけではない。承認されている治療は、入眠および睡眠維持の改善において一貫して効果的とはいえず、安全性プロファイルも複雑である。これらのことからも、追加の薬物療法や治療戦略が求められている。初期研究において、一部の不眠症患者に対して、デュアルオレキシン受容体拮抗薬(DORA)が追加の薬物治療選択肢として有用であると示されている。米国・セント・トーマス大学のKayla Janto氏らは、DORAとその潜在的な役割について、既存の文献を調査しアップデートを行った。Journal of Clinical Sleep Medicine誌2018年8月15日号の報告。

 DORAに関する既存の文献は、PubMedデータベースより、「オレキシン受容体拮抗薬」「almorexant」「filorexant」「lemborexant」「スボレキサント」の検索キーワードを用いて検索を行った。検索対象は、英語の主要な研究論文、臨床試験、レビューに限定した。

 主な結果は以下のとおり。

・不眠症治療においてオレキシン受容体系を標的とすることは、より一般的に用いられるGABA作動性催眠鎮静薬治療に対する追加および代替的な薬物治療である。
・現在の文献において、その有効性が示唆されているものの、まだ十分に確立されていない。
・前臨床報告では、アルツハイマー病と不眠症を合併した患者に対する治療の可能性が示唆されている。

 著者らは「DORAは、不眠症に対する追加の治療選択肢として使用可能である。いくつかの不眠症サブタイプにおいて、その安全性および有効性をきちんと評価するために、より多くの臨床試験が必要とされる。不眠症に対する既存治療とのhead-to-head比較研究が求められている」としている。

■関連記事
日本人高齢不眠症患者に対するスボレキサントの費用対効果分析
不眠症へのスボレキサント切り替えと追加併用を比較したレトロスペクティブ研究
不眠症患者におけるスボレキサントの覚醒状態軽減効果に関する分析

(鷹野 敦夫)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)