市区町村別生命表でみる日本人の寿命

提供元:
ケアネット

市区町村別生命表でみる日本人の寿命のイメージ

 2018年4月17日、厚生労働省は「平成27年市区町村別生命表」の概況を取りまとめ、公表した。

 市区町村別生命表は、死亡状況を市区町村単位で比較分析するため、国勢調査による日本人人口(確定数)と人口動態統計(確定数)による日本人の死亡数、出生数を基に、平成12年から5年(国勢調査年)ごとに作成され、今回が4回目となる。

 平均寿命の分布を市区町村別にみると、男性では80.5年以上81.0年未満(平均80.8年)、女性では86.5年以上87.0年未満(平均87.0年)に最も多く分布していた。

 上位の市区町村では、男性では神奈川県横浜市青葉区が最も高く、女性では沖縄県中頭郡北中城村が最も高かった。一方、下位の市区町村では男性、女性共に大阪府大阪市西成区が最も低い結果となった。

 平均寿命の最も高い市区町村と最も低い市区町村との差は、男性で9.8年、女性で4.6年だった。

上位・下位の市区町村順位は次のとおり(上位10位を抽出)。
■上位10位の市区町村:( )内は平均寿命[年]
【男性】
1)神奈川県横浜市青葉区(83.3)
2)神奈川県川崎市麻生区(83.1)
3)東京都世田谷区(82.8)
4)神奈川県横浜市都筑区(82.7)
5)滋賀県草津市(82.6)
6)大阪府吹田市(82.6)
7)大阪府箕面市(82.5)
8)長野県大町市(82.5)
9)奈良県生駒市(82.4)
10)神奈川県川崎市宮前区(82.4)
【女性】
1)沖縄県中頭郡北中城村(89.0)
2)沖縄県中頭郡中城村(88.8)
3)沖縄県名護市(88.8)
4)神奈川県川崎市麻生区(88.6)
5)石川県野々市市(88.6)
6)神奈川県横浜市都筑区(88.5)
7)熊本県菊池郡菊陽町(88.5)
8)東京都世田谷区(88.5)
9)神奈川県横浜市青葉区(88.5)
10)神奈川県川崎市宮前区(88.4)

■下位10位の市区町村:( )内は平均寿命[年]
【男性】
1)大阪府大阪市西成区(73.5)
2)大阪府大阪市浪速区(77.5)
3)青森県東津軽郡平内町(77.6)
4)青森県むつ市(78.1)
5)青森県北津軽郡中泊町(78.1)
6)青森県上北郡東北町(78.1)
7)青森県三戸郡階上町(78.1)
8)青森県西津軽郡深浦町(78.1)
9)青森県平川市(78.1)
10)大阪府大阪市大正区(78.2)
【女性】
1)大阪府大阪市西成区(84.4)
2)北海道稚内市(85.1)
3)福島県西白河郡西郷村(85.2)
4)青森県東津軽郡蓬田村(85.2)
5)岩手県釜石市(85.3)
6)大阪府大阪市浪速区(85.3)
7)福島県双葉郡広野町(85.3)
8)青森県三戸郡三戸町(85.4)
9)青森県北津軽郡板柳町(85.4)
10)大阪府大阪市平野区(85.4)

■参考
厚生労働省 平成27年市区町村別生命表の概況

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)