お知らせがあります。

  • 2020/05/27 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による感染拡大防止への協力、およびビジネスの継続・維持のため、 弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年6月14日(日)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

会員医師の最多年収帯は1,600~1,800万円

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2019/06/21

 

 ケアネットでは、5月30日(木)~6月3日(月)に会員医師1,000人を対象に、インターネットによる「年収に関するアンケート」を行った。その結果、81%の医師が1,000万円以上の年収額を回答し、その中で最も多い年収帯は1,600~1,800万円であった(全体の13%)。また、全体の63%の医師が1,000~2,000万円に分布し、2,000~3,000万円は16%、3,000万円以上は4%であった。

8割の会員医師が1,000万円以上の年収と回答
 医師の年収を年代別にみると、35歳以下の9%が600万円未満、8%が600~800万円、14%が800~1,000万円と1,000万円未満と回答した会員医師が31%だった。しかし、年代が1段階上の36~45歳では、1,000万円未満の割合は20%と減り、8割の会員医師が1,000万円以上の年収額と回答した。

 男女別の医師の年収では、全年代男性の16%が1,000万円未満だったのに対し、全年代女性の59%が1,000万円未満と男女間で大きな開きをみせた。

 上記のほか、病床数、勤務先別、診療科別の医師の年収分布についても、以下のページで結果を発表している。

医師の年収に関するアンケート2019【第1回】昨年度の年収

(ケアネット 稲川 進)