お知らせがあります。

  • 2020/07/06【上部メニュー変更のお知らせ】
    2020年7月15日より、CareNet.com PC版の画面上部にあるメニュー項目の右端に表示されている「論文検索」が移動いたします。
    移動後は「PubMed CLOUD」と名称を変更して、「ニュース/論文」の項目をクリックした後に表示されます。
  • 2020/06/30 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止への協力として、テレワークを実施しておりますため、弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年7月31日(金)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

LAIを適切に使用するための5つのポイント

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2016/07/26

 

 最近のパリペリドンパルミチン酸エステルで治療された患者における心臓突然死(SCD)は、長時間作用型注射用抗精神病薬(LAI)の使用について議論を引き起こした。しかし、LAIとSCDとの関連は、十分に研究されていない。いしい記念病院の長嶺 敬彦氏は、LAIを適切に使用するために、LAIの市販直後調査結果のレビューを行った。International Medical Journal誌2016年6月号の報告。

 LAIに関する市販直後調査の結果を確認し、D2受容体占有率を推定した。

主な結果は以下のとおり。

・2つの所見が確認された。
 1)身体的リスクを有する患者へのLAI投与は、SCDを増加させる可能性が高い。
 2)パリペリドンパルミチン酸エステルで治療された患者における4例のSCDは、心室性不整脈に起因することが疑われる。
・パリペリドンパルミチン酸エステル150mg単回投与による推定D2受容体占有率は80%以上であった。
・症状が不安定な患者に対しより高用量で投与した場合、重篤な身体的合併症のない患者でも、パリペリドンパルミチン酸エステルは、心室性不整脈のリスクを増加させる可能性がある。

 結果を踏まえ著者は、臨床診療では以下の5点に注意し、LAIを使用することが重要であるとしている。
 1)身体的合併症を有する患者では、非常に慎重に使用すること。
 2)不必要な高用量での使用は避け、多剤併用患者に対しては非常に慎重に使用すること。
 3)急性精神症状を有する患者へのLAI使用は避けること。
 4)代謝機能不全や心血管疾患リスクの低い患者にLAIを選択すること。
 5)定期的に体調をモニタリングし、ライフスタイルを向上させること。

関連医療ニュース
パリペリドン持効性注射剤、国内市販後の死亡例分析結果
アリピプラゾール持続性注射剤を使いこなすために
2つの月1回抗精神病薬持効性注射剤、有用性の違いは

(鷹野 敦夫)

原著論文はこちら

T Nagamine, et al. International Medical Journal. 2016;3:211-213.