お知らせがあります。

  • 2020/07/06【上部メニュー変更のお知らせ】
    2020年7月15日より、CareNet.com PC版の画面上部にあるメニュー項目の右端に表示されている「論文検索」が移動いたします。
    移動後は「PubMed CLOUD」と名称を変更して、「ニュース/論文」の項目をクリックした後に表示されます。
  • 2020/06/30 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止への協力として、テレワークを実施しておりますため、弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年7月31日(金)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

アルツハイマー病とレビー小体型認知症、共通のバイオマーカー

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2013/04/23

 

 札幌医科大学医療人育成センター教授の相馬 仁氏らは、アルツハイマー病に関連するとされるアネキシンA5およびApoE4が、アルツハイマー病に特異的なものかどうかを、レビー小体型認知症および健常者との比較により検討した。その結果、アネキシンA5とApoE4は、アルツハイマー病とレビー小体型認知症に共通するバイオマーカーであることを報告した。Frontiers in Aging Neuroscience誌2013年5月号(オンライン版2013年4月5日号)の掲載報告。

 アルツハイマー病(AD)は、アミロイドβペプチド(Aβ42)と関連するという点で、その他のタイプの認知症と区別される。細胞培養モデルを用いた先行研究により、ADのバイオマーカーとして、カルシウムイオン依存性のリン脂質結合蛋白であるアネキシンA5がすでに同定されている。AD患者では、血漿中アネキシンA5濃度が対照に比べ有意に高値である。一方、ADとレビー小体型認知症(DLB)は、臨床的および病理学的特徴の多くが共通することもわかっている。本研究では、血漿中アネキシンA5濃度がADの特異的なマーカーとなりうるか否かについて検討を行った。また、アポリポ蛋白E(ApoE)遺伝子サブタイプのε4(ApoE-ε4)は、ADと大きく関連する遺伝因子として注目されていることから、ADとDLBのApoEジェノタイプについても比較検討した。

 AD患者150例(77.6±6.5歳)、DLB患者50例(79.4±5.0)および年齢・性別が同等の地域住民の健常高齢者279例(75.6±8.1)を対象とし、血液サンプルを採取した。ADの診断にはNINCDS-ADRDAの診断基準を、DLBの診断には最新のコンセンサスに基づく基準を用いた。アネキシンA5のモノクローナル抗体を用いて、化学発光酵素免疫アッセイ(Chemiluminescent Enzyme Immunoassay:CLEIA)テクニック(SphereLight assay)により定量化した。ApoEのDNA遺伝子型は、PCR増幅DNA産物のHha1フラグメントの唯一の組み合わせとの区別により決定した。

 主な結果は以下のとおり。

・AD患者では、血漿中アネキシンA5濃度が健常者(対照)に比べ有意に高かった(p<0.0001)。
・DLB患者の血漿中アネキシンA5濃度も、対照に比べ有意に高かった(p<0.0001)。
・血漿中アネキシンA5濃度のROC曲線から、平均AUC(血中濃度-時間曲線下面積)はAD/対照で0.863、DLB/対照で0.838であることが示された。
・ADまたはDLBは、対照に比べApoE4を保有している割合およびε4アレルの頻度が有意に高かった。なお、ADとDLBの間において有意差はみられなかった。
・以上より、アネキシンA5とApoE4はいずれも、ADとDLBの共通のマーカーであることが示唆される。

■関連記事
認知症、アルツハイマー型とレビー小体型の見分け方:金沢大学
日本人の認知症リスクに関連する食習慣とは?
Aβ沈着は認知機能にどのような影響を与えるか

(ケアネット)