アルツハイマー病とレビー小体型認知症、共通のバイオマーカー

提供元:
ケアネット

アルツハイマー病とレビー小体型認知症、共通のバイオマーカーのイメージ

 札幌医科大学医療人育成センター教授の相馬 仁氏らは、アルツハイマー病に関連するとされるアネキシンA5およびApoE4が、アルツハイマー病に特異的なものかどうかを、レビー小体型認知症および健常者との比較により検討した。その結果、アネキシンA5とApoE4は、アルツハイマー病とレビー小体型認知症に共通するバイオマーカーであることを報告した。Frontiers in Aging Neuroscience誌2013年5月号(オンライン版2013年4月5日号)の掲載報告。

 アルツハイマー病(AD)は、アミロイドβペプチド(Aβ42)と関連するという点で、その他のタイプの認知症と区別される。細胞培養モデルを用いた先行研究により、ADのバイオマーカーとして、カルシウムイオン依存性のリン脂質結合蛋白であるアネキシンA5がすでに同定されている。AD患者では、血漿中アネキシンA5濃度が対照に比べ有意に高値である。一方、ADとレビー小体型認知症(DLB)は、臨床的および病理学的特徴の多くが共通することもわかっている。本研究では、血漿中アネキシンA5濃度がADの特異的なマーカーとなりうるか否かについて検討を行った。また、アポリポ蛋白E(ApoE)遺伝子サブタイプのε4(ApoE-ε4)は、ADと大きく関連する遺伝因子として注目されていることから、ADとDLBのApoEジェノタイプについても比較検討した。

 AD患者150例(77.6±6.5歳)、DLB患者50例(79.4±5.0)および年齢・性別が同等の地域住民の健常高齢者279例(75.6±8.1)を対象とし、血液サンプルを採取した。ADの診断にはNINCDS-ADRDAの診断基準を、DLBの診断には最新のコンセンサスに基づく基準を用いた。アネキシンA5のモノクローナル抗体を用いて、化学発光酵素免疫アッセイ(Chemiluminescent Enzyme Immunoassay:CLEIA)テクニック(SphereLight assay)により定量化した。ApoEのDNA遺伝子型は、PCR増幅DNA産物のHha1フラグメントの唯一の組み合わせとの区別により決定した。

 主な結果は以下のとおり。

・AD患者では、血漿中アネキシンA5濃度が健常者(対照)に比べ有意に高かった(p<0.0001)。
・DLB患者の血漿中アネキシンA5濃度も、対照に比べ有意に高かった(p<0.0001)。
・血漿中アネキシンA5濃度のROC曲線から、平均AUC(血中濃度-時間曲線下面積)はAD/対照で0.863、DLB/対照で0.838であることが示された。
・ADまたはDLBは、対照に比べApoE4を保有している割合およびε4アレルの頻度が有意に高かった。なお、ADとDLBの間において有意差はみられなかった。
・以上より、アネキシンA5とApoE4はいずれも、ADとDLBの共通のマーカーであることが示唆される。

■関連記事
認知症、アルツハイマー型とレビー小体型の見分け方:金沢大学
日本人の認知症リスクに関連する食習慣とは?
Aβ沈着は認知機能にどのような影響を与えるか

(ケアネット)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ