お知らせがあります。

  • 2021/10/12ポイント・プログラムに関し、システムメンテナンスのため、下記の期間ポイント交換の受付を停止いたします。ポイント獲得履歴・交換履歴もご確認いただけません。
    ポイント交換受付停止期間:2021年10月19日(火)午前0 ~ 3時(3時間)
Close

再発・難治性ホジキンリンパ腫に対するニボルマブの効果/NEJM

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2014/12/25

 

 再発・難治性ホジキンリンパ腫に対し、ヒト型抗PD-1抗体ニボルマブ(商品名:オプジーボ、本疾患には国内未承認)を投与することで、その87%に客観的奏効が認められたことが報告された。完全奏効は17%だった。米国・メイヨークリニックのStephen M. Ansell氏らが、23例の患者を対象に行った第I相臨床試験の結果、報告した。NEJM誌オンライン版2014年12月6日号掲載の報告より。

ニボルマブ3mg/kgを隔週投与
 検討は、それまでに自家造血幹細胞移植や、ブレンツキシマブ・ベドチンによる治療を受けながら再発した、難治性ホジキンリンパ腫の患者23例を対象に行われた。

 被験者のうち、すでに自家造血幹細胞移植を受けた人は78%、ブレンツキシマブ・ベドチンの投与を受けていたのは78%だった。

 研究グループは被験者に対し、ヒト型抗PD-1抗体ニボルマブ(3mg/kg)を隔週で投与し、完全奏効、病勢進行または過度中毒作用が認められるまで継続した。

24週の無増悪生存率は86%
 結果、被験者のうち客観的奏効が認められたのは20例(87%)だった。そのうち完全奏効は17%、部分奏効は70%、残り13%(3例)は病勢安定だった。

 24週後の無増悪生存率は86%だった。被験者のうち、試験を継続したのは11例だった。

 一方で、薬剤関連有害事象の発生率は78%で、うちグレード3は22%だった。最も多く認められたのは発疹(22%)、血小板減少(17%)だった。

 Ansell氏らは、重度の治療後再発・難治性ホジキンリンパ腫の患者に対し、ニボルマブにはかなりの抗腫瘍効果が認められ、安全性についても許容範囲であると述べている。