お知らせがあります

2024/07/10
7月10日より「Web講演会」「CARENQ」の送信元メールアドレスを変更いたしました。
■変更前:seminar@carenet.co.jp、enquete@carenet.co.jp
■変更後:seminar@www.carenet.com、enquete@www.carenet.com
メールアドレスまたはドメインによる受信拒否や振り分けなどを設定されている方は、設定の変更をお願いいたします。

トラスツズマブ デルクステカン胃がん全例調査の中間解析/日本胃癌学会

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2024/03/15

 

 トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)の胃がんにおける製造販売後調査(PMS)の初回投与後4ヵ月の中間解析の結果を第96回日本胃癌学会総会において近畿大学の川上 尚人氏が発表した。この発表はASCO-GI2024のアンコール発表である。

 T-DXdは胃がん3次治療以降に使用される一方、間質性肺疾患(ILD)の発現が重要なリスクとして認識されている。日本においては、ILDのリスクを評価するため、すべてのT-DXd投与胃がん患者を対象に観察期間12ヵ月の多施設観察研究が行われている。日本胃癌学会では観察期間12ヵ月のうち最初の4ヵ月の中間成績が発表された。

 主な結果は以下のとおり。

・2020年9月〜2021年12月にT-DXdが投与された全1,129例が登録され、そのうち1,074例が解析対象となった。
・患者の年齢中央値は70.0歳(65歳以上が71.7%)、77.3%が男性、組織型はIntestinalタイプが46.1%、Diffuseタイプが19.0%であった。
・T-DXdの第1サイクルの用量は6.4mg/日が79.4%を占めた。
・4ヵ月時点におけるT-DXdによる治療状況は治療中49.1%、中止50.9%であった。治療中止理由は原疾患の進行が71.3%と最も多かった。
・独立ILD判定委員会の評価により判定されたT-DXd関連ILDの発現割合は5.2%(56例)で、Grade≧3が1.5%(16例)、Grade5は0.7%(7例)であった。
・ILD発症患者(56例)のT-DXd投与については、中止が96.4%(54例)であった。
・ILD発症患者の転帰は、回復が48.2%(27例)、軽快が14.3%(8例)、回復したが後遺症ありが3.6%(2例)、未回復が16.1%(9例)、死亡が12.5%(7例)であった。

 同解析は限られた期間のデータであるが、T-DXdが投与された全胃がん症例を含むため、日本におけるリアルワールドの使用実態を反映すると考えられる。

 今回の発表は、観察期間12ヵ月のうち最初の4ヵ月の中間成績であり、今後さらに有用な解析情報が提供されることが期待される。

(ケアネット 細田 雅之)