喫煙と睡眠障害との関係

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2020/09/25

 

 喫煙と睡眠障害は密接に関連しているといわれている。スウェーデン・ウプサラ大学のShadi Amid Hagg氏らは、睡眠障害が禁煙の予測因子であるか、喫煙の継続が睡眠障害の発症と関連しているかについて、検討を行った。Respiratory Medicine誌2020年8~9月号の報告。

 北欧の男女を対象に、1999~2001年にランダムにアンケートを実施し(RHINE II)、その後2010~12年にフォローアップのアンケートを実施した(RHINE III)。ベースライン時に喫煙者であり、フォローアップ時に喫煙に関するデータを提供した2,568人を分析した。不眠症は、3回/週以上の入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の発現と定義した。オッズ比(OR)の算出には、多重ロジスティック回帰分析を用いた。

 主な結果は以下のとおり。

・年齢、BMI、pack-years、高血圧症、糖尿病、慢性気管支炎、鼻炎、喘息、性別、BMI差で調整した後、長期禁煙を達成する可能性が低かった因子は以下のとおりであった。
 ●入眠障害(調整OR:0.6、95%CI:0.4~0.8)
 ●中途覚醒(調整OR:0.7、95%CI:0.5~0.9)
 ●早朝覚醒(調整OR:0.6、95%CI:0.4~0.8)
 ●不眠症(調整OR:0.6、95%CI:0.5~0.8)
 ●日中の過度な眠気(調整OR:0.7、95%CI:0.5~0.8)
・いびきと禁煙には、有意な関連が認められなかった。
・ベースライン時に睡眠障害でない人では、喫煙を継続すると、フォローアップ中に禁煙した人と比較し、入眠困難リスクの増加が認められた(調整OR:1.7、95%CI:1.2~2.3)。

 著者らは「不眠症状や日中の過度な眠気は、禁煙にマイナスに働くと考えられる。また、喫煙は、入眠障害のリスク因子であることが示唆された。睡眠障害の治療には、禁煙プログラムの導入を検討すべきである」としている。

(鷹野 敦夫)