アパルタミド、前立腺がんで国内承認/ヤンセン

提供元:
ケアネット

アパルタミド、前立腺がんで国内承認/ヤンセンのイメージ

 ヤンセンファーマ株式会社は、2019年3月26日、前立腺がん治療薬アパルタミド(商品名:アーリーダ)について、「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌」を効能・効果とする製造販売承認を取得したと発表。

 遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺がん患者を対象に、アンドロゲン除去療法(ADT)・アパルタミド併用群(アパルタミド群)とADT・プラセボ群(プラセボ群)を比較した第III相臨床SPARTAN試験では、アパルタミド群の無転移生存期間(MFS)中央値40.51ヵ月に対、プラセボ群では15.70ヵ月、とアパルタミド群で有意に改善した(HR:0.297、95%CI:0.244~0.362、p<0.0001)。

 アパルタミドは日本新薬株式会社とコ・プロモーションで情報提供並びに情報収集を実施する。

 SPARTAN試験結果は2018年2月にThe New England Journal of Medicine誌に掲載された。

(ケアネット 細田 雅之)

参考文献・参考サイトはこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ