Stage III肺がんdurvalumab維持療法の日本人解析(PACIFIC)/日本肺癌学会2017

提供元:
ケアネット

Stage III肺がんdurvalumab維持療法の日本人解析(PACIFIC)/日本肺癌学会2017のイメージ

 Stage III切除不能非小細胞肺がん(NSCLC)の標準治療はプラチナ・ベースの化学療法と放射線の同時併用療法(CCRT)である。しかし、CCRT開始後の無増悪生存期間(PFS)は8〜10ヵ月であり、5年生存率は15%と改善の余地がある。

 PACIFIC試験は、プラチナ・ベースのCCRT後に病勢進行が認められない切除不能局所進行Stage III NSCLCを対象に、抗PD-L1抗体durvalumabの維持療法をプラセボ群と比較した無作為化第III相試験である。このPACIFIC試験の初回解析結果は欧州臨床腫瘍学会(ESMO2017)でPFSの中間解析が発表された。第58回日本肺癌学会学術集会においては、日本人集団の結果が、久留米大学病院の時任高章氏より発表された。

 すでに報告されている中間解析によれば、全集団のPFSはdurvalumab群16.8ヵ月、プラセボ群5.6ヵ月で、durvalumab群が有意に延長していた(HR:0.52、95%CI:0.42~0.65、p<0.0001)。日本人集団におけるPFSはdurvalumab群未到達、プラセボ群7.2ヵ月で、durvalumabの追加効果を示す結果となった(HR:0.49、95%CI:0.26〜0.89、p=0.020)。奏効率について、全集団ではdurvalumab群28.4%、プラセボ群16.0%であり、日本人解析ではdurvalumab群31.8%、プラセボ群22.9%であった。遠隔転移または死亡出現までの期間について、全集団ではdurvalumab群23.2ヵ月、プラセボ群14.6ヵ月(HR:0.52、95%CI:0.39~0.69、p<0.0001)であり、日本人集団ではdurvalumab群、プラセボ群とも未到達であったが、durvalumab群で良好な結果であった(HR:0.58、95%CI:0.25〜1.34、p=0.201)。

 Grade3/4の有害事象発生率は、全集団ではdurvalumab群29.9%、プラセボ26.1%であり、日本人集団ではdurvalumab群23.6%、プラセボ群12.5%であった。日本人集団の安全性のプロファイルは全集団と同様であった。Grade3/4の免疫関連有害事象の発生率は、全集団ではdurvalumab群24.2%、プラセボ群8.1%であり、日本人集団ではdurvalumab群25.0%、プラセボ群10.0%であった。

■参考
Antonia SJ, et al. N Engl J Med. 2017 Sep 8.[Epub ahead of print]
PACIFIC試験(Clinical Trials.gov)

■関連記事
durvalumab維持療法、Stage III肺がんのPFSを有意に改善(PACIFIC)/ESMO2017

(ケアネット 細田 雅之)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら