コンテンツアーカイブ|page:217

Non Cancer Pain診療にメス 慢性疼痛診療プラクティス 連載スタート

日本で2,200万人といわれる“慢性疼痛”。十分な治療が施されているとは言い難く、患者治療満足度は3割といわれる。この慢性疼痛診療の課題にメスを入れながら、実臨床での具体的な診療指針を紹介する。第一回は、日本大学小川節郎氏に聞く、「概論:慢性疼痛治療」

法律は知っているものの味方!自分を守る盾をもつ!! 今回のテーマは「過失相殺」です。

診療によって患者さんが亡くなってしまった。自分に非がないと思っても現在の日本の司法は、医療者に過酷な安全要求をしてきます。そんな環境で自分の身を守るために知っておくべきことを医師で弁護士の大磯義一郎氏が丁寧にレクチャーします。