コンテンツアーカイブ|page:216

高血圧診療Q&A 活用!家庭血圧&ABPM

診察室から家庭へ血圧測定機器などの発達により、血圧測定は今や「点から線へ」と変わりつつあります。血圧の日内変動の研究は、わが国がリードしてきたこともあり、血圧変動から脳血管障害などの重大イベントを予測する、治療することもできるようになってきました。本書では、高血圧診療というプライマリな疾患について、臨床現場で遭遇するさまざまな問題点や疑問点、トラブル、盲点についてQ&A形式でわかりやすく記載されています。

Non Cancer Pain診療にメス 慢性疼痛診療プラクティス 連載スタート

日本で2,200万人といわれる“慢性疼痛”。十分な治療が施されているとは言い難く、患者治療満足度は3割といわれる。この慢性疼痛診療の課題にメスを入れながら、実臨床での具体的な診療指針を紹介する。第一回は、日本大学小川節郎氏に聞く、「概論:慢性疼痛治療」