コンテンツアーカイブ|page:214

「見落とせない腰痛の危険信号ほか」 慢性疼痛診療プラクティス第三回

日本で2,200万人といわれる“慢性疼痛”。十分な治療が施されているとは言い難く、患者治療満足度は3割といわれる。この慢性疼痛診療の課題にメスを入れながら、実臨床での具体的な診療指針を紹介する。第三回は、尼崎中央病院三木健司氏に聞く、「整形外科領域にみる慢性疼痛」

保険薬局薬剤師の在宅医療参入拡大、期待していますか?

本年4月の診療報酬改定は「在宅医療への促進」という方向性が色濃く反映されるものとなりました。 保険薬局(街の調剤薬局)薬剤師に対しても、在宅医療への参画促進を強化するために、 「在宅患者調剤加算」の新設や、在宅応需基幹薬局のサポートを小規模薬局が行い、 臨時で服薬管理指導を行なった場合も、サポート側の算定を認めるといった改定が行われました。 今後ますます保険薬局薬剤師の参入拡大が見込まれますが、同時に薬剤師の質の底上げが 必須となった今、在宅に携わる先生にお尋ね致しました。

アトピー性皮膚炎の患者さん、先生の指示を守っていますか?

アトピー性皮膚炎治療の中心となるステロイド外用薬やタクロリムス軟膏等。 これら塗布剤の効果は、患者さんが「きちんと」塗って初めて発揮されるもの。 アドヒアランスの向上は常に頭を悩ませる問題かもしれません。今回は2012年8月にアトピー性皮膚炎に関する治療について質問しました。