コンテンツアーカイブ|page:198

鑑別が難しいけど、予後良好な神経変性疾患

今回は「原発性側索硬化症」をお届けします。徐々に神経細胞が変性脱落していく神経変性疾患として、筋委縮側索硬化症と混同されがちですが、よくよく診断をすると差異を見つけることができます。そんな本症の最新の知見を、エキスパートドクターの関口 兼司 氏にレクチャーいただきます。「希少疾病ライブラリ」では、最新の疫学、診療、新薬の情報をお届けしています。