コンテンツアーカイブ

患者さんの実態は?「アトピー性皮膚炎におけるアドヒアランスと自己中断・減量の理由」

患者白書

アトピー性皮膚炎患者100名・皮膚科医師に対して、治療に関するアンケートを実施しました。今回のテーマは「アドヒアランスと自己中断・減量の理由に関する医師と患者のギャップ」です。

最終更新:2012/11/26

平本式 皮膚科虎の巻<上巻>

ケアネットDVD

診療所でもできる皮膚疾患診療の流れを明快に解説 !ステロイド外用剤も正しく学べる !

最終更新:2012/11/26

日本語が出来ない患者さんが来た!さあ先生ならどうします?

医学のしおり

増加する外国人数に比例して、わが国の医療機関にかかる外国人患者数も増えています。外国人患者とのコミュニケーションで困ることのないように、診療に特化した英語を学習してみませんか?

最終更新:2012/11/21

「見落とせない腰痛の危険信号ほか」 慢性疼痛診療プラクティス第三回

慢性疼痛診療プラクティス

日本で2,200万人といわれる“慢性疼痛”。十分な治療が施されているとは言い難く、患者治療満足度は3割といわれる。この慢性疼痛診療の課題にメスを入れながら、実臨床での具体的な診療指針を紹介する。第三回は、尼崎中央病院三木健司氏に聞く、「整形外科領域にみる慢性疼痛」

最終更新:2012/11/19

保険薬局薬剤師の在宅医療参入拡大、期待していますか?

Dr's Voice

本年4月の診療報酬改定は「在宅医療への促進」という方向性が色濃く反映されるものとなりました。 保険薬局(街の調剤薬局)薬剤師に対しても、在宅医療への参画促進を強化するために、 「在宅患者調剤加算」の新設や、在宅応需基幹薬局のサポートを小規模薬局が行い、 臨時で服薬管理指導を行なった場合も、サポート側の算定を認めるといった改定が行われました。 今後ますます保険薬局薬剤師の参入拡大が見込まれますが、同時に薬剤師の質の底上げが 必須となった今、在宅に携わる先生にお尋ね致しました。

最終更新:2012/11/19

すぐに役立つ! 糖尿病診療エッセンス 第3弾:インスリン療法 STEP UP

特集

11月の特集は「糖尿病」です。漫然とSU薬、BG薬で診療を終えていませんか? 糖尿病の薬物治療も落とし穴がいっぱいあります。うまく回避しつつ、患者の治療に役立つポイントを学習していきます。

最終更新:2012/11/19

身近でないからこそ診療のやる気が俄然でる悪性リンパ腫の診療をマスターする!

医学のしおり

診断に手間がかかり、エキスパートのドクターでも難渋する「悪性リンパ腫」の診療を、本書で上達させる!!豊富な病理画像と勘所を押さえたコツの記載でスキルアップ間違いなしの1冊です。

最終更新:2012/11/16

タクロリムス軟膏の使用状況について

Dr's Voice

多くの皮膚科医の先生がアトピー性皮膚炎治療に関してとても質問が多かったのが「タクロリムス軟膏」 に関するものでした。 2012年8月にタクロリムス軟膏の使用状況についてアンケートを行いました。

最終更新:2012/11/16

プライマリ・ケアの現在とこれからを5名のドクターが熱く語る!

創立30周年を記念して開催されたシンポジウムより、プライマリ・ケアの現状と未来に関する内容をレポート。在宅主体が見据えられている今、次の主役はプライマリ・ケア医か!?

最終更新:2012/11/15

うつ病の診療について

Dr's Voice

現代社会においてもっともポピュラーな精神疾患のひとつであるうつ病。 わが国のうつ病患者数は増加の一途をたどり、今後もさらに増加することが予想されます。 2012年7月臨床医の先生が今、どのようなうつ病治療を実施しているかアンケートを行いました。

最終更新:2012/11/12

すぐに役立つ! 糖尿病診療エッセンス 第2弾:リスクとベネフィットを考慮した糖尿病治療

特集

11月の特集は「糖尿病」です。漫然とSU薬、BG薬で診療を終えていませんか? 糖尿病の薬物治療も落とし穴がいっぱいあります。うまく回避しつつ、患者の治療に役立つポイントを学習していきます。

最終更新:2012/11/12

会員医師が選ぶ糖尿病の第一選択薬は!?

特集

特集「糖尿病」に合わせ、会員ドクターにアンケートを実施!その結果がまとまりましたので、掲載いたします。多くの一般内科のドクターが糖尿病診療で悩んでいる事項も必見です。

最終更新:2012/11/12

生活保護受給者の「医療費一部負担」「後発品義務付け」案、いかがお考えですか?

医師1,000人に聞きました!

医療費一部負担案に賛成する医師は○割。現状維持派は○割。それぞれの言い分

最終更新:2012/11/09

誰が患者やその家族に説明する義務と責任を負うのか!司法の考えを知る!!

MediLegal

今では一般化した「インフォームドコンセントについて、医師に患者説明義務がどこまであるのかを、過去の裁判例からみていきます。その際の責任者は、誰か!?司法はこう考えています。解説は医師で弁護士の大磯義一郎氏が丁寧にレクチャー!

最終更新:2012/11/09

第50回日本癌治療学会学術集会レポート~泌尿器がん治療の過去と未来~

学会レポート

シンポジウム「泌尿器がん治療の過去と未来」における講演レポートをお届けします。

最終更新:2012/11/09

アトピー性皮膚炎の患者さん、先生の指示を守っていますか?

Dr's Voice

アトピー性皮膚炎治療の中心となるステロイド外用薬やタクロリムス軟膏等。 これら塗布剤の効果は、患者さんが「きちんと」塗って初めて発揮されるもの。 アドヒアランスの向上は常に頭を悩ませる問題かもしれません。今回は2012年8月にアトピー性皮膚炎に関する治療について質問しました。

最終更新:2012/11/09

AHA(米国心臓協会)2012 開催!! 速報配信中。

学会レポート

毎日、興味深い発表を速報にて配信します。今回はどのような研究が発表されるか? 再生医療や未来の高血圧「治療腎除神経術」など興味深い発表が目白押しです。

最終更新:2012/11/09

すぐに役立つ! 糖尿病診療エッセンス 第1弾:どう捉える!?血糖管理目標値

特集

11月の特集は「糖尿病」です。漫然とSU薬、BG薬で診療を終えていませんか? 糖尿病の薬物治療も落とし穴がいっぱいあります。うまく回避しつつ、患者の治療に役立つポイントを学習していきます。

最終更新:2012/11/05

全米で屈指の有名病院が行う次の成長戦略は何か?

山本雄士ゼミの第6回をレポート!毎回、医師、医学生、社会人などが一つテーマを基に熱くディスカッションをしています。今回のケースは、ある病院のさらなる拡大、成長の戦略について。

最終更新:2012/11/02

初心忘れるべからず!再度確認したい「腎臓」のすべて!!

医学のしおり

医学生向けのテキストでありながら、最新の知見を満載し、図表も多数使用し、コンパクトに解説。もう一度「腎臓」の機能、疾患を復習したいドクターにおくるベストなテキスト!!

最終更新:2012/11/02

Pages

会員の方へ