コンテンツアーカイブ

なぜ、日本の急性冠症候群治療は海外に比べ成績がよいのか?

全身血管病治療の今を伝える雑誌「CardioVascular Contemporary」からの転載記事。今回は創刊号の特集「なぜ、日本のACS治療は海外に比べ成績がよいのか?」からお届けします!

最終更新:2013/04/02

CardioVascular Contemporary

最終更新:2013/04/02

世界を代表する乳癌パネリストの意見はこれだ(パネリストアンケート結果) ザンクト・ガレン乳癌カンファレンス2013

学会レポート

第13回ザンンクト・ガレン乳癌カンファレンス2013をケアネット会員現役ドクターが聴講シリーズレポート。現在そして今後の乳癌診療トレンドはこれだ。

最終更新:2013/04/01

こんなに変わった!関節リウマチ診療(1)治療目標・戦略、診断基準も!

特集

かつて治らない難病とされていた関節リウマチ。現在は関節の痛みや炎症がない状態までコントロールが可能に!その変遷を簡単に紹介します。

最終更新:2013/04/01

【再掲載】第12回 診療録改ざん、および偽証工作を理由に刑事告訴されたケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「虚偽の記載、偽証」です。

最終更新:2013/03/28

ストア 医学のしおり 日本医薬品集医療薬

医学のしおり

毎年更新の日本医薬品集医療薬の最新版です。膨大な量の添付文書、関連情報を1冊にまとめ、さまざまな見せ方の工夫もなされている守備範囲が広い1冊です。

最終更新:2013/03/26

ストア 医学のしおり ICU感染防止ガイドライン

医学のしおり

感染症の管理が重要なICU。国立大学病院で組織する委員会の知見をギュッと凝縮して、組織作りから感染防止のノウハウを1冊にまとめてお届けします。スタッフ教育の教科書にも最適の1冊です。

最終更新:2013/03/26

ついに第1位発表! 2012年度、心房細動治療に最も影響を与えたニュースは?

特集

今回は、ついに1位を発表。「欧州ガイドライン改訂」「多科連携の必要性向上」。プライマリ・ケア医の実臨床が確実に変わります。この情報は、本当に落とせません。

最終更新:2013/03/25

ストア 医学のしおり 関節・軟部組織注射マニュアル 基本テクニックと診断 原書5版

医学のしおり

臨床に携わる医師ならば、習得しておきたい関節まわりの注射手技。痛み止めなどで一般診療でも施行することは、多いと思われます。そんな手技の入門書が、この1冊。図表を多数使用し、コンパクトに解説されています。

最終更新:2013/03/22

痛みと大脳メカニズムをさぐる

慢性疼痛診療プラクティス

神経障害性疼痛のメカニズムは、大脳レベルでのメカニズムも明らかにされてきている。今回は、新たなトレンドとしての鏡療法、脊髄刺激療法の実際について紹介する

最終更新:2013/03/22

日頃、聞きたかった「あの質問」に心房細動のエキスパートが、明確に回答(Part.2)

特集

今回も、4つの質問に回答します。「抗凝固薬服薬者が出血した時の対処法」「抗血小板薬と抗凝固薬の併用」「レートコントロールの具体的方法」「アブレーションの適応患者と予後」

最終更新:2013/03/22

実践!プライマリ・ケア医のための心房細動診療 ~リスクマネジメントの観点から~

特集

開業医の心房細動診療は、どのようにすべきか?ガイドラインには載っていない「本当に聞きたい内容」を解説。勤務医時代とは、まるで違う「プライマリ・ケア医の心房細動診療」を、具体的に解説。

最終更新:2013/03/21

【再掲載】第11回 チャレンジテスト

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「薬剤の副作用」です。

最終更新:2013/03/21

心房細動診療(4) 血栓症と出血のリスクスコアに基づく実践的抗凝固療法

特集

日進月歩で進化を続ける抗凝固療法。最も進んでいるとされる欧州ガイドラインから、今後、推奨される治療を探ります。出血リスクをどう評価し、誰に、どのような抗凝固療法を施すか?

最終更新:2013/03/19

いよいよ第2位 2012年度心房細動トピックス ~知らないといけない大きなトピックス

特集

今回は、いよいよ2位を紹介。「早期診断ツールの開発」「新薬発売で変わるか?」。プライマリ・ケア医の実臨床に影響を与えるトピックス。小田倉先生が詳しく解説

最終更新:2013/03/18

日頃、聞きたかった「あの質問」に心房細動のエキスパートが、明確に回答

特集

今回は、4つの質問に回答します。「高齢者への抗凝固療法」「抜歯、手術、消化器内視鏡時の抗凝固療法」「新規抗凝固薬の違い、使い分け」「新規抗凝固薬のモニタリング」

最終更新:2013/03/15

希少疾病ライブラリ ポンペ病

希少疾病ライブラリ

希少疾病診療の今!をお届けする「希少疾病ライブラリ」では、まれにしか遭遇しない難病や希少疾病の概要、診断と治療、紹介先診療科、関連リンクなどをご紹介しています。今週のテーマは「ポンペ病」です(毎週木曜更新)

最終更新:2013/03/14

2012年度10大ニュース~心房細動編~ 第3位

特集

今回は3位を紹介。「トリプルテラピーを避ける」「ダビガトランへの知の集積進む」。プライマリ・ケア向け。今すぐ日常臨床を変えるトピックスです。

最終更新:2013/03/14

【再掲載】第10回 椎間板ヘルニア手術で歩行不能となったケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「手術時の説明義務」です。

最終更新:2013/03/14

心房細動診療(3) 抗凝固療法のスタンダード

特集

最近話題の抗凝固療法をまとめました。わが国の治療実態、ガイドライン、薬剤特性など、最低限おさえておきたい情報です。

最終更新:2013/03/13

Pages

会員の方へ