コンテンツアーカイブ|page:190

ピロリ菌除去が奏効する難病

「特発性血小板減少性紫斑病」は、皮膚粘膜出血が主症状の難病で、血小板減少のコントロールができれば、予後もよい疾患です。治療薬も発売され、コントロールもしやすくなってきました。本症の最新の知見を、エキスパートドクターの冨山 佳昭 氏にアップデートいただきました。「希少疾病ライブラリ」では、最新の疫学、診療、新薬の情報をお届けしています。

治療薬も登場した多発性嚢胞腎

「常染色体優性多発性嚢胞腎」は、次第に腎機能が低下し、同時にさまざまな障害を引き起こす、遺伝性の希少疾病です。今まで対症療法しかない治療環境でしたが、初めて治療薬が登場しました。本症の最新の知見を、エキスパートドクターの東原 英二 氏にアップデートいただきました。「希少疾病ライブラリ」では、最新の疫学、診療、新薬の情報をお届けしています。