アテゾリズマブ+化学療法の非小細胞肺がん脳転移例への効果(ATEZO-BRAIN)/WCLC2021

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2021/09/17

 

 脳転移はがんの合併症として多くみられ、治療やQOLに悪影響をおよぼす。

 世界肺癌学会(WCLC2021)では、脳転移を有する非小細胞肺がん(NSCLC)に対するアテゾリズマブの効果と安全性を評価する第II相試験ATEZO-BRAINが発表された。その結果、アテゾリズマブ+化学療法の有用性が示唆されている。

対象:脳転移病変未治療のNSCLC(PD-L1発現問わず、ステロイド[デキサメタゾン4mg以下/日]は許容)
介入:アテゾリズマブ(1,200mg)+ペメトレキセド(500mg/m2)+カルボプラチン(ACU5 ) 3週ごと4~6サイクル→アテゾリズマブ+ペメトレキセドを疾患進行まで、または最大2年間投与
主要評価項目:治験担当医評価の無増悪生存期間(PFS)、安全性
副次評価項目:奏効率(ORR)、奏効期間、全生存期間(OS)、QOLなど

 主な結果は以下のとおり。

・40例が対象として登録された。
・患者の年齢中央値は62.6歳、男性72.5%、腺がんが97.5%を占めた。
・有効性評価対象は24例、安全性評価対象は11例であった。
・PFS中央値は8.9ヵ月、18ヵ月PFS率は24.9%であった。
・頭蓋内PFS中央値は6.9ヵ月、18ヵ月頭蓋内PFS率は10.4%であった。
・OS中央値は13.6ヵ月、2年OS率は32%であった。
・Grade3/4の有害事象は27.5%、頻度が高いものは、疲労感、貧血、息切れ、悪心であった。

 アテゾリズマブと化学療法(ペメトレキセド+カルボプラチン)併用は、脳転移病変未治療のNSCLCに対して、良好な効果と安全性を示した。脳画像イメージと血液サンプルの関係を調べる試験が進行中である。

(ケアネット 細田 雅之)