かかりつけ医のための適正処方の手引き(糖尿病)が完成/日本医師会

提供元:
ケアネット

かかりつけ医のための適正処方の手引き(糖尿病)が完成/日本医師会のイメージ

 2019年6月4日、日本医師会の江澤 和彦氏(常任理事)が、『超高齢社会におけるかかりつけ医のための適正処方の手引き(3)糖尿病』の完成を記者会見で発表した。

高齢者糖尿病の現状をふまえた手引きの作成
 厚生労働省から発表された平成28年国民健康・栄養調査結果の概要によれば「糖尿病が強く疑われる者」は約1,000万人と推定され、その中で、65歳以上の高齢者が占める割合は約60%以上となっている。今後も高齢化に伴い65歳以上の糖尿病患者の増加が予想される。

 高齢者糖尿病では、一般的に老化の特徴としての身体機能、認知機能などの個人差が大きくなる。また、75歳以上の高齢糖尿病患者ではとくに認知機能障害、ADL低下などの老年症候群や重症低血糖、脳卒中の合併症などを起こしやすいと言われている。

 本手引きでは、75歳以上の高齢者と老年症候群を合併した65歳から74歳の前期高齢者を「高齢者糖尿病」と想定し、日本老年医学会の協力により作成された。

 今回、2017年『(1)安全な薬物療法』、2018年『(2)認知症』に続く第3弾としての発刊。いずれも日本医師会のサイトに全ページがpdfで掲載されており、ダウンロード可能。

超高齢社会におけるかかりつけ医のための適正処方の手引き(3)糖尿病
《目次》
1.糖尿病の現状と治療総論
2.高齢者糖尿病における認知機能障害と身体機能障害(ADL低下、サルコペニア、フレイル)
3.高齢者糖尿病の血糖コントロール目標設定
4.高齢者糖尿病の治療
 1)総論
 2)高齢者糖尿病の食事療法
 3)高齢者糖尿病の運動療法
 4)シックデイの対策
5.高齢者糖尿病の薬物療法(総論)
6.高齢者糖尿病の薬剤使用の注意点
7.高齢者糖尿病の低血糖
 1)低血糖の特徴  2)低血糖の対策 8.糖尿病における高齢者総合機能評価(CGA)

(ケアネット 堀間 莉穂)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ