コンテンツアーカイブ

病院の“日常”に潜入!? 病院探検隊とは

患者コミュニケーション塾

飲食店を覆面調査し、星で格付けするミシュランが有名ですが、山口育子氏の団体COMLが25年間行っているのが、病院を利用者の目で評価して提言・提案する「病院探検隊」。その具体的な取り組みをご紹介します。

最終更新:2019/11/06

脂質の多い食べ物を一挙公開!

実践型!食事指導スライド

食事療法が必要な患者さんの食の好みを変えるのは、医師でも至難の業です。脂質を多く含む食材一覧スライドを使って、脂質過多な患者さんの食事を見直すきっかけを作りませんか?

最終更新:2019/11/06

脳梗塞・心筋梗塞既往歴のない患者でのアスピリン中止提案

うまくいく!処方提案プラクティス

今回は、抗血小板薬の中止提案を行った症例の紹介です。抗血小板薬の目的によって代替案として提案する薬剤が変わりますので、患者さんの動脈硬化性疾患の既往歴を確認し、エビデンスを提示しながら提案しましょう。

最終更新:2019/11/06

「バレる」って英語で?

なるほど英語

「おい、バレるぞ!」と指摘したいようなとき(ないでしょうか?)、使える表現を例文と共にご紹介します。2つの表現どちらを使うか、主語によって変わる点がポイントです。

最終更新:2019/11/05

スタチンや抗血小板薬の開始、頸動脈エコーからの判断術

高齢者糖尿病診療のコツ

「ABI以外も必要?」「管理強化が必要な患者を見極める方法は?」「頸動脈エコーの頻度は?」など、高齢糖尿病患者の動脈硬化予防・治療法について会員からの質問に答えます。

最終更新:2019/11/05

世界初、経皮吸収型の統合失調症治療薬「ロナセンテープ20mg/30mg/40mg」

下平博士のDIノート

本剤は、統合失調症治療薬として初めての経皮吸収型製剤であり、これまで経口薬での管理が困難だった患者のアドヒアランス向上が期待されています。下平秀夫氏が解説します。

最終更新:2019/11/05

加熱式タバコは、電子タバコよりも発がんリスクが大きい?

新型タバコの基礎知識

加熱式タバコと電子タバコと紙巻タバコ、それぞれの発がんリスクを推定した研究をひもときながら解説します。新型タバコの発がんリスクを考えるうえでキーになる物質とは?

最終更新:2019/11/04

消化器がんハイライト ESMO2019

学会レポート

ESMO2019の消化器がん主要トピックを、国立がん研究センター東病院の谷口浩也氏がレビュー。今年のESMO消化器がんの目玉はこれだ!

最終更新:2019/11/04

書籍紹介『訪問診療マネジメントガイド』

医学のしおり

在宅医療未経験の先生が、訪問診療を専門とするクリニックを開業しようと決意する。そこに立ちはだかるマネジメントという大きな壁…。経験豊富な執筆陣が開設・運営に必要なノウハウを詳述。

最終更新:2019/11/04

コレステロールと中性脂肪の違いはこれだ!

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

患者さんは、コレステロールと中性脂肪の違いを知っているでしょうか?いま一度説明することで、検査値への理解が深まるかもしれません。坂根直樹氏のスライドで解説します。(再掲)

最終更新:2019/11/04

ジムの継続率はわずか●%

Dr.倉原の“おどろき”医学論文

たるんだぜい肉を引き締めて、数ヵ月後にはあのCMのように…と勢い込んで入会するものの、継続が難しいフィットネスジム。そんな人の真理を検証した論文がこちらです。

最終更新:2019/11/01

知っておきたい「陥入爪の処置」

一般内科医が知っておきたい他科の基本処置

皮膚科の手技で多い「陥入爪の処置」について学習します。アンカーテーピング法の準備からテーピングの巻き方までを詳しく解説。監修はへき地・離島医療の助っ人、ゲネプロ。

最終更新:2019/11/01

最近の話題:肺がんIO-IO CheckMate-227

侍オンコロジスト奮闘記

ダートマス大学腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は「最近の話題:肺がんIO-IO CheckMate-227」。

最終更新:2019/11/01

IgEが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

IgEの認知度は、医療者と患者でギャップが大きいかもしれません。スライドを使ってわかりやすく説明しましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/11/01

専門医が教える病気と処方 虚血性心疾患 病態と診断

AMEE学習動画ピックアップ

各科の専門医が薬局の薬剤師のために、病気と処方を教えていくシリーズです。循環器内科編 ①では虚血性心疾患と心不全を取り上げます。病態から専門医ならではの治療戦略、薬のさじ加減を学び、処方箋の背景を読み解く力を養います。

最終更新:2019/11/01

睡眠時無呼吸症候群の治療開始と終了の見極めとは

診療よろず相談TV

睡眠時無呼吸症候群治療の開始と終了のタイミングだけでなく、その後のフォローについての非専門医の疑問に、富田康弘氏(虎の門病院 睡眠呼吸器科)が答えます。

最終更新:2019/10/31

ニューモシスチス肺炎の今日的意義(後編)治療・予防

GET!ザ・トレンド~臨床の近未来を探る~

非HIV感染例が発症するPCP(non-HIV PCP)の特徴と対策について、NTT東日本関東病院 櫻井隆之氏が紹介します。

最終更新:2019/10/31

ラグビーワールドカップ観戦客が来院

Dr.中島の新・徒然草

今週末に決勝戦を迎えるラグビーワールドカップ。日本各地の会場で熱戦が繰り広げられました。Dr.中島が勤務する大阪にも大勢の外国人観戦客が訪れましたが、中には不調を訴える人がいるのも当然で…。

最終更新:2019/10/31

EGFR-TKIの併用療法、これまでのまとめ

忙しい医師のための肺がんササッと解説

常に進化する肺がん研究。その進化の波に乗り遅れないために、押さえておきたい最新論文を和歌山県立医科大学 赤松弘朗氏がピックアップし紹介する。

最終更新:2019/10/31

書籍紹介『あなたも名医!意識障害』

医学のしおり

救急外来で遭遇頻度の高い「意識障害・失神」。原因が多岐にわたり、診断に困るケースも多いこのテーマについて、第一線で活躍する著者がわかりやすく解説。数ある原因疾患の中でも「致死的疾患」を見逃さない!

最終更新:2019/10/31

Pages

会員の方へ