コンテンツアーカイブ

病院ホームページの自己紹介写真変えてみませんか

侍オンコロジスト奮闘記

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は病院ホームページの自己紹介写真変えてみませんか。

最終更新:2019/07/12

TSHが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

検査項目について、口頭で説明してもピンときていない患者さんに、スライドを使ってわかりやすく説明しましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/07/12

Siriで実験してみたら

Dr.中島の新・徒然草

英語のカタカナ読みが、不思議なほどネイティブらしく聞こえることを紹介した本連載273の段。Dr.中島はそれを第三者の耳で検証してみました。しかも、相手は機械です。さて、結果やいかに?

最終更新:2019/07/11

IBD増悪時の対応、専門医紹介のタイミング

診療よろず相談TV

日常診療でも診療機会のあるIBD(炎症性腸疾患)。その診断や治療薬である5-ASA製剤や抗体製剤の特徴など、日比紀文氏(北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長)が解説します。

最終更新:2019/07/11

脳梗塞/TIA患者の抗血小板薬2剤併用療法はいつまで行うのがベスト?

論文で探る服薬指導のエビデンス

抗血小板薬2剤併用療法は、脳梗塞の既往がある患者さんやステント留置後の患者さんでよく行われます。併用療法と単剤療法の差や開始すべき時期、出血イベントリスクを考慮した継続期間を論文から読み解きます。

最終更新:2019/07/11

医師の起業に役立つ7つのビジネスモデル

医師のためのお金の話

起業を希望する医師が増えていますが、事業を進めるにはさまざまな「落とし穴」を回避しなくてはなりません。まずは最初の武器=「ビジネスモデル」について確認しておきましょう。

最終更新:2019/07/10

ASCO2019レポート 乳がん

学会レポート

ASCO2019乳がんの最新情報を国立がん研究センター中央病院 下村昭彦氏がレポート。乳がんの最新情報はこれだ。

最終更新:2019/07/10

「夏バテ」って英語で?

なるほど英語

梅雨も相まって、何となく体調がすぐれなかったり、精神的に疲れが出たりしがちな季節です。海外でも使われる表現なので、外国人患者さんがこの状態を訴えるケースがあるかもしれません!?

最終更新:2019/07/09

尿意や疼痛が日常生活に陰を落とす難病

希少疾病ライブラリ

女性に多く、耐え難い尿意切迫感や原因不明の疼痛をもたらす間質性膀胱炎。治療では対症療法がメインとなるこの難病について、最新知見を巴ひかる氏が解説します。

最終更新:2019/07/09

頭打ちの後発医薬品使用の裏で始まった新制度

早耳うさこの薬局がざわつくニュース

日本製薬団体連合会の調査により、後発医薬品の使用割合が頭打ちになっていることが明らかになりました。頭打ちの理由や、今年度より始まった後発医薬品の使用割合を増やすための新制度を紹介します。

最終更新:2019/07/09

ハザード比は何を表す?

統計のそこが知りたい!

「A薬を使うと死亡率をどれくらい減少させるか」をみたいときに使われるのがハザード比です。今回は、その解釈の仕方、計算法を学習します。

最終更新:2019/07/08

ASCO2019レポート 泌尿器腫瘍

学会レポート

ASCO2019泌尿器腫瘍の最新情報を虎の門病院 近藤千紘氏がレポート。泌尿器腫瘍の最新情報はこれだ。

最終更新:2019/07/08

不整脈予測の早ワザを身に付ける

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

前回、不整脈チェックに有用なラダーグラムの活用法について紹介しました。今回は、より簡易的なラダーグラムの描き方と洞周期のリセット現象についてDr.ヒロが伝授します。

最終更新:2019/07/08

カリウム摂取で減塩をサポート

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

減塩による降圧効果が思わしくない患者さんには、カリウムの積極的摂取を勧めてみましょう。ただし、腎機能には注意が必要です。声掛けの具体例を、坂根直樹氏が解説します。(再掲)

最終更新:2019/07/08

トークはさんまと落語をマネろ

週刊・川添ラヂオ

川添先生が話し上手な秘密はお笑いにあった!落語から学ぶ肩の凝らないスピーチの前振りなど、真似するだけで話し上手になれる方法を紹介します。

最終更新:2019/07/08

ドローンは人を傷つけるのか、助けるのか

Dr.倉原の“おどろき”医学論文

物流をはじめ、さまざまな場面で使われるようになったドローン。今回はドローンに関連する2つの論文を紹介します。

最終更新:2019/07/05

Feが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「鉄不足ならレバーで解決でしょ?」と考えている患者さんに、値変動の原因がいくつもあることを獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修するスライドでお伝えしませんか?

最終更新:2019/07/05

【新連載】新薬・新治療法

特集

日進月歩で進化している創薬研究。その成果として、数多くの新薬・新治療法が開発・発売されています。今回の「新薬・新治療法特集」では、その中でもとくに画期的な新薬・新治療法についてご紹介します。

最終更新:2019/07/04

非日常の大阪

Dr.中島の新・徒然草

各国首脳が一堂に会したG20大阪サミット。会場近くに職場の病院があるDr.中島が、厳戒態勢下の「こんな大阪、見たことがない」様子を振り返りレポート。

最終更新:2019/07/04

痛みが軽減してきた肩は動かすことも大切

使える!服薬指導箋

肩の痛みは経過に合った対応が早期回復につながります。痛みが強いときは安静ですが、痛みが軽減してきたら、医師の指示に従い痛みのない範囲で運動しましょう。

最終更新:2019/07/04

Pages

会員の方へ