コンテンツアーカイブ

急性腹痛の診療で意識すべき6項目

救急診療の基礎知識

今回の主訴は「腹痛」です。疼痛の訴えにアセトアミノフェンを静注しましたが、改善傾向がみられません。腹部は軟です。この後のアプローチを救急診療のエキスパート、坂本壮氏が解説。

最終更新:2019/10/30

悪徳年金ビジネス×医師の関係

シネマセラピー

“精神障害年金ビジネス”をご存じでしょうか?患者、社会労務士、そして医師の権利を悪用し年金の財源を圧迫する犯罪行為です。今回はそれぞれの心理状態にフォーカスし、悪徳商法の成り立ちをひもときます。

最終更新:2019/10/30

ニューモシスチス肺炎の今日的意義(前編)病態・診断

GET!ザ・トレンド~臨床の近未来を探る~

非HIV感染例が発症するPCP(non-HIV PCP)の特徴と対策について、NTT東日本関東病院 櫻井隆之氏が紹介します。

最終更新:2019/10/30

USMLE Step1、あなどれない基礎医学

臨床留学通信 from NY

米国で内科レジデントとして奮闘中の工野俊樹氏の連載エッセイ。米国医師免許試験を受けるに当たって重要なのは、医学知識を正確な英語で理解、表現できることです。「基礎医学」といえども、言語が異なれば…。

最終更新:2019/10/30

「曖昧(あいまい)な」って英語で?

なるほど英語

「彼女は、いつも曖昧な返事をする」を英語にすると?今回は、曖昧であることを表す単語を3種類、使い分け法と例文をご紹介します。

最終更新:2019/10/29

教えて!プライマリでできる便秘の診断

慢性便秘症特集

プライマリでできる慢性便秘症の検査と診断について、鳥居内科クリニックの鳥居明先生に伺います。

最終更新:2019/10/29

書籍紹介『新・養生訓 健康本のテイスティング』

医学のしおり

シニアワインエキスパートの岩田健太郎医師が医療ジャーナリストの岩永直子氏と7時間にわたり、医療情報の見方、食事、睡眠、未病を軸に対談。11冊の健康本をクリティーク(批評)する。

最終更新:2019/10/29

胃腸炎症状に潜む怖い心電図所見

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

生ものを食べて嘔吐した患者は胃腸炎-と思いきや、心電図をとってみると心疾患が潜んでいることがあるんです。今回はDr.ヒロがこれまでの知識を集大成し、“心電図をとる”重要性を伝えます!

最終更新:2019/10/28

なかなか覚えられない薬の名前

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

ずっと飲んでいる薬でも、名前を覚えていない患者さんがいますが、災害時に備えて、覚えておくに越したことはありません。スライドをきっかけに、患者さんと「薬の名前」についての話をしてみませんか?

最終更新:2019/10/28

ミカルディス錠の最大投与量で査定

レセプト査定の回避術

ミカルディス錠の投与量間違いでの査定をお届けします。その他、リーバクト配合顆粒の査定など4つの事例を櫻井雅彦氏が解説します。

最終更新:2019/10/28

AIで薬剤師はいらなくなる?

若手「実力派」薬剤師・熱血座談会

「0402通知」や調剤の機械化によって薬剤師の役割が変わりつつある中、若手薬剤師たちはどのように受け止め、行動しているのでしょうか?次代を担う3名の薬剤師が集まり、今と未来を本音で熱く議論します。

最終更新:2019/10/28

肺障害をどう解釈するか、電子タバコを巡る複雑さ

新型タバコの基礎知識

電子タバコによる急性肺障害、米国CDCの報告では症例数は千例を超えています。さまざまなフレーバー、大麻の添加、そして未知の物質…、複雑に絡み合う問題を整理します。

最終更新:2019/10/25

IgMが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「IgMって初めて聞いたんだけど」という患者さんには、スライドを参考に抗体の働きについて説明してみましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/10/25

疑義照会?アモキシシリン単剤・合剤併処方

AMEE学習動画ピックアップ

アモキシシリンの単剤、合剤が同時に処方されている患者さん。つい疑義照会をしたくなる処方ですが、実は、そこには聞けば納得の処方意図が隠されています。

最終更新:2019/10/25

ソシオパスの告白

Dr.中島の新・徒然草

他人への共感が欠如した人を意味するソシオパス。サイコパスと同義で語られることも多くネガティブなイメージですが、今回Dr.中島が紹介する本の著者自身がソシオパスとのこと。興味深いノンフィクションです。

最終更新:2019/10/24

抗精神病薬による体重増加、薬剤ごとに差

論文で探る服薬指導のエビデンス

抗精神病薬による体重増加はよく知られている副作用ですが、治療継続の妨げになったり、心血管イベントリスクが上昇したりすることがあります。今回は、体重増加の機序や薬剤による違い、対処方法を紹介します。

最終更新:2019/10/24

論文査読は無報酬?

Dr.中川の論文・見聞・いい気分

専門誌に投稿された論文の、掲載・非掲載の判断には査読者による評価が大きく影響します。多大なエネルギーと時間を割いて行われる査読によって、査読者と査読される側が得る報酬とは?

最終更新:2019/10/23

なくならない「差し入れ」の文化

Dr.デルぽんの診察室観察日記

外来では、たまに差し入れを頂く機会がありますよね。診察室に「紙袋」を持った患者さんが現れると、つい目がいってしまう…?そんな日常の1コマを、デルぽん先生が描きました。

最終更新:2019/10/23

ハザケンが考える薬剤師3.0

噂の狭研ラヂオ

これからの薬剤師はバイタルがとれないとダメ?どこまでの医療行為が許されるの?そんな疑問の声に、今回は狭間先生がこれからの薬剤師が持つべき3つのスキルをばっちりお答えします。

最終更新:2019/10/23

「確認する」って英語で?

なるほど英語

「添付ファイルの内容で問題ないかご確認いただけますか?」を英語にすると?確認するという意味の4つの単語と使い分け方をご紹介します。

最終更新:2019/10/22

Pages

会員の方へ