関節リウマチ、3つのnon-TNF型生物学的製剤を比較/BMJ

提供元:
ケアネット

関節リウマチ、3つのnon-TNF型生物学的製剤を比較/BMJのイメージ

 関節リウマチの成人患者の日常診療では、リツキシマブ(Bリンパ球枯渇薬)およびトシリズマブ(IL-6受容体阻害薬)が、アバタセプト(T細胞共刺激標的薬)に比べ2年アウトカムが良好であることが、フランス・ストラスブール大学病院のJacques-Eric Gottenberg氏らが実施した前向きコホート研究で示された。これら3つの非腫瘍壊死因子(non-TNF)型生物学的製剤はいずれも、プラセボに比べ優れた効能を有すると報告されているが… [続きを読む]

(医学ライター 菅野 守)

原著論文はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)