お知らせがあります。

  • 2020/04/07新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、さらなる感染拡大防止への協力、およびビジネスの継続・維持のため、一時的に電話サポート窓口を休止し、メールにて対応させていただくことになりました。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年5月6日(水)

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

閉経前乳がんでも、アロマターゼ阻害薬補助療法が有意/NEJM

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2014/06/20

 

 閉経前ホルモン受容体陽性早期乳がん患者に対して、補助療法としてアロマターゼ阻害薬のエキセメスタン(商品名:アロマシン)+卵巣機能抑制のほうが、タモキシフェン(同:ノルバデックスほか)+卵巣機能抑制よりも5年再発を有意に抑制したことが明らかになった。南スイスがん研究所のOlivia Pagani氏ら国際乳がん研究グループ(IBCSG)が、2003年に開始した2件の第III相無作為化試験の結果から報告した。これまでに閉経後の同患者では、タモキシフェン補助療法よりもアロマターゼ阻害薬のほうがアウトカムを改善することが報告されていた。NEJM誌オンライン版2014年6月1日号掲載の報告より。

TEXT試験とSOFT試験の参加者4,690例のデータを解析
 2つの試験は、タモキシフェンとエキセメスタンの補助療法としての有効性を検討した試験(TEXT)と、卵巣機能抑制について検討した試験(SOFT)で、閉経前ホルモン受容体陽性早期乳がん患者を被験者にそれぞれ5年間にわたって行われた。

 卵巣機能抑制は、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)作動薬トリプトレリン(国内未承認)、卵巣摘出または卵巣への放射線照射によって行われた。

 今回の主要解析は、2試験の被験者4,690例のデータを複合して行われた。

エキセメスタン+卵巣機能抑制群の5年再発ハザード比は0.66
 追跡期間中央値68ヵ月後、5年時無増悪生存は、エキセメスタン+卵巣機能抑制群が91.1%、タモキシフェン+卵巣機能抑制群が87.3%だった(再発・二次性浸潤がん・死亡のハザード比[HR]:0.72、95%信頼区間[CI]:0.60~0.85、p<0.001)。

 また、5年時点で再発が認められなかったのは、エキセメスタン+卵巣機能抑制群が92.8%、タモキシフェン+卵巣機能抑制群が88.8%だった(再発HR:0.66、95%CI:0.55~0.80、p<0.001)。

 死亡は194例(4.1%)で、全生存について両群間に有意差はみられなかった(エキセメスタン+卵巣機能抑制群の死亡HR:1.14、95%CI:0.86~1.51、p=0.37)。

 グレード3または4の選択的有害事象の報告は、エキセメスタン+卵巣機能抑制群30.6%、タモキシフェン+卵巣機能抑制群29.4%で、閉経後女性で報告された内容と類似したものであった。

専門家はこう見る

コメンテーター : 藤原 康弘( ふじわら やすひろ ) 氏

国立研究開発法人 国立がん研究センター企画戦略局長 同 中央病院 乳腺・腫瘍内科

J-CLEAR推薦コメンテーター