コロナに感染した医師はどれくらい?ワクチン接種回数別では?

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2023/01/23

 

 2020年初頭から新型コロナウイルス感染症の国内での流行が始まり、3年が経過した。CareNet.comでは、これまでにどれくらいの医師が新型コロナに感染したのかを把握するため、会員医師1,000人を対象に『医師の新型コロナ感染状況に関するアンケート』を実施した。その結果、コロナ診療の有無や、年齢、診療科、病床数別、ワクチン接種回数別の感染状況が明らかとなった。また、回答者自身や周囲が感染した際に感じたさまざまな課題も寄せられた(2022年12月10~17日実施)。

若い医師ほどコロナ診療・感染の割合が高い

 Q1では、コロナの診療に携わっているかについて聞いた。「診療している」が63%、「以前は診療していたが、今はしていない」が7%、「診療していない」が30%となり、全体の70%の医師がコロナの診療に携わっていた。年代別では、「診療している」もしくは「以前は診療していたが、今はしていない」と答えた回答者の割合は、年齢が若いほど高く、20代は87%、30代は78%、40代は70%だった。診療科別では、割合が高い順に、救急科(100%)、呼吸器内科(90%)、腎臓内科、臨床研修医(87%)であった。

 Q2では、これまでの新型コロナの感染歴を聞いた。感染したことがないのは全体の74%で、1回感染が24%となり、2回が1.7%、3回以上が0.4%で、再感染の割合はごくわずかであり、全体の26%の医師が1回以上感染していた。

 コロナ診療経験の有無と感染歴との相関では、「以前は診療していたが、今はしていない」と回答した人において、1回以上の感染の割合が最も高く36%だった。「診療している」と回答した人では29%、「診療していない」人では18%が、コロナに1回以上感染していた。

 年代別では、Q1の結果と同様に、年齢が若いほど感染の割合が高かった。1回以上の感染の割合は、20代と30代で同率の36%、40代では30%、50代で22%だった。病床数別では、200床以上の感染の割合が最も高く30%で、次いで0床(診療所)が23%だった。診療科別では、感染の割合が最も高いのはQ1と同様に救急科(39%)、次いで糖尿病・代謝・内分泌内科(38%)、臨床研修医(37%)、循環器内科(35%)であった。

 ちなみに、厚生労働省が1月16日に発表した「(2023年1月版)新型コロナウイルス感染症の“いま”に関する11の知識」によると、これまでにコロナと診断されたのは、日本の全人口の約23.2%であった(2023年1月1日0時時点のデータ)1)

 Q3では、第1~8波の流行期別に感染した時期を聞いた。本アンケート実施時点(2022年12月10~17日)で最も多かったのは、2022年7~10月の第7波(125人)、次いで2022年1~6月の第6波(55人)、2022年11以降の第8波(50人)だった。

ワクチン接種回数が多いほど感染の割合が低い

 Q4では、ワクチンの接種回数を聞いた。接種回数の割合が最も高かったのは4回(42%)、次いで5回(33%)、3回(19%)、1・2回(3%)だった。ワクチンの接種回数と感染の相関を調べたところ、感染していない割合は接種回数が多いほど高く、5回接種者は85%、4回では71%、3回では66%が「感染していない」と答えた。ワクチン接種1・2回で感染していないのは44%で半数を下回っており、2回感染した人が18%と最も多かった。

 Q5では、自らが感染したと思う場所について聞いた。多かったのは職場と家庭で、ともに約100人であった。

最大の課題は医療者の人手不足

 Q6の自由回答のコメントでは、回答者自身や周囲が感染した際に感じた課題を聞いた。挙げられた課題は、主に以下の内容に分類された。

・医療者の感染が相次ぎ、病院が人手不足になった(160件)
・病院でクラスターが発生した(80件)
・コロナに感染し、判断に迷った(61件)
・家族内で感染者が出た(55件)
・コロナ以外の診療について(21件)
・感染対策について(14件)
・収入に影響した(7件)
・コロナの診療について(6件)

アンケート結果の詳細は以下のページに掲載中。
どれくらいの医師がコロナに感染した?/医師1,000人アンケート

(ケアネット 古賀 公子)