お知らせがあります

2024/07/10
7月10日より「Web講演会」「CARENQ」の送信元メールアドレスを変更いたしました。
■変更前:seminar@carenet.co.jp、enquete@carenet.co.jp
■変更後:seminar@www.carenet.com、enquete@www.carenet.com
メールアドレスまたはドメインによる受信拒否や振り分けなどを設定されている方は、設定の変更をお願いいたします。

ペムブロリズマブ+化学療法の1次治療がHER2陰性胃/食道胃接合部腺がんの生存期間を改善(KEYNOTE-859)/MSD

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2023/01/09

 

 2022年11月22日、メルク社(米国とカナダ以外ではMSD)は、HER2陰性の局所進行切除不能または転移のある胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん患者に対する1次治療としてペムブロリズマブと化学療法の併用療法を評価した第III相KEYNOTE-859試験で良好な結果が得られたことを報告した。

 KEYNOTE-859試験は、上記集団の1次治療としてペムブロリズマブと化学療法の併用療法を化学療法と比較する無作為化二重盲検第III相試験である。主要評価項目は全生存期間(OS)、副次評価項目は無増悪生存期間(PFS)、奏効率(ORR)、奏効期間、安全性などであった。

 同試験の中間解析では、ペムブロリズマブと化学療法の併用療法は化学療法単独群と比較して、主要評価項目であるOSにおいて統計学的に有意な改善が認められた。副次評価項目であるPFSおよびORRについても、統計学的に有意かつ臨床的に意味のある改善が認められた。

 この試験におけるペムブロリズマブの安全性プロファイルはこれまでに報告されている試験で認められているものと一貫しており、新たな安全性の懸念は特定されなかった。この結果については今後さまざまな腫瘍関連学会における演題発表および規制当局への申請を予定している。

(ケアネット 細田 雅之)

参考文献・参考サイトはこちら