肺炎球菌ワクチン 接種間隔はどのくらい?

提供元:
ケアネット

肺炎球菌ワクチン 接種間隔はどのくらい? のイメージ

 インフルエンザの時期が過ぎ、花粉症の季節となった。一般的に肺炎は冬に多いが、高齢者の肺炎リスクは年間を通じて高いため、引き続き注意が必要である。先日、本サイトに高齢者肺炎に関する記事を掲載したところ、大きな反響があった。

インフルエンザのピークは去っても・・ 高齢者肺炎にオフシーズンなし

 肺炎の原因である肺炎球菌感染症の予防には、ワクチン接種が有効である。昨年(2014年)10月より、従来使用されてきた23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV23)の65歳以上の成人を対象とした定期接種が開始となった。また、同年6月から13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13)が、65歳以上の成人に適応拡大になった。そのため、2種類のワクチンをどのように使い分けるか、併用接種する場合はどのような接種間隔が適切かなどを判断していく必要が生じている。そこで、今回は肺炎球菌ワクチンの接種間隔にフォーカスして、基本的な考え方を紹介する。

 PPSV23とPCV13の接種間隔に関する考え方は、以下のとおり(図)1)

(1)PPSV23単剤で使用する:5年以上間隔を空けて接種する
(2)PPSV23とPCV13を併用する:
  (I)PPSV23を先に接種し、その後PCV13を接種する場合:1年以上間隔を空けて接種する
  (II)PCV13を先に接種し、その後PPSV23を接種する場合:6ヵ月~4年以内に接種する

 肺炎球菌ワクチンの接種によってすべての肺炎を予防できるわけではないが、リスクを小さくすることができる。ワクチン接種対象者の年齢や基礎疾患、経済的な負担を考慮したうえで適切なワクチンを選択し、適正に使用していくことが求められる。

【参考】
1)日本呼吸器学会呼吸器ワクチン検討 WG 委員会/日本感染症学会ワクチン委員会・合同委員会.65歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方.日本感染症学会(参照 2015.4.17)

(ケアネット 中野敬子)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ