コンテンツアーカイブ|page:254

Annual Review 呼吸器 2012

最新の基礎研究、臨床知見をレポートする“Annual Review”は、進歩し続ける呼吸器疾患の各分野で注目される重要事項をまとめ、明日の臨床と研究に役立ててもらうことを目的に作られています。最新版の2012年では、画期的治療につながる分子・細胞レベルの基礎研究から肺癌と感染症における臨床の話題まで幅広く紹介。

ウイルス感染症の検査・診断スタンダード

一般外来でも診療機会の多いウイルス性疾患。冬季であればインフルエンザ、ノロウイルスなど多彩な疾患を診療することも多いと思われます。そんな主要ウイルスの特徴、疫学、臨床症状など診療に必須の情報から専門的なウイルス分離,各種血清学的診断法などを総合的に解説しているのが本書です。