Dr. 坂根のすぐ使える患者指導画集 -糖尿病編-

企画・制作ケアネット

糖尿病の治療継続では、患者さんがその気になることが大切ですが、そのためには記憶に残る説明や指導が重要となります。本シリーズでは、坂根直樹氏(京都医療センター)が作成された糖尿病の患者指導を毎週1枚ずつお届けします。

ユーモアのあるイラストが付いた、わかりやすい指導画をダウンロードして、ぜひ診療にご利用ください。

坂根 直樹  ( さかね なおき ) 氏京都医療センター 臨床研究センター 予防医学研究室長

坂根直樹氏からのメッセージ

現代は健康に関する情報が氾濫しています。

一方的な難しい説明だけでは、患者さんには病態や治療方針を理解できていないことが多くあります。患者さんの心に残るような「説明力」をぜひ磨きたいものです。

本シリーズでは、1枚のイラストや図を用いて患者さんの視覚に訴え、伝えたいことを「見える化」しています。イラストや図は、患者さんに気づきや驚き(サプライズ)を起こさせるように色々工夫してあります。難しいことをわかりやすく、時にはユーモアを用いて、患者さんと上手に言葉のキャッチボールができるようになることで、患者さんの満足度も高まることと思います。

〔説明力を鍛えるポイント〕
難しいことをわかりやすく
わかりやすいイラストや図を用いる
言葉のキャッチボールを行う
時には、ユーモアを交える

コンテンツ一覧

第101回以降のコンテンツ一覧はこちら

関連番組のご紹介(CareNeTV)

CareNeTVについて

医師・医療者のためのオンデマンド臨床医学チャンネル。(有料サービス/別途登録が必要)
プライマリケア領域で人気の一流講師陣による、面白くて、役に立つ番組を1,400番組以上配信。いつでもどこでも見放題のオンデマンドサービスです。

CareNeTVの詳細はこちら

坂根直樹氏の番組ページはこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら