57)インスリン分泌の今を教える方法【糖尿病患者指導画集】

公開日:2014/09/30

インスリン分泌能は、患者さんも知りたい情報ではないでしょうか。あとどのくらいでインスリンを打たなくてはいけないか。医師が見通しを示す方法を患者指導の達人、坂根直樹氏(京都医療センター)がレクチャーします。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。