レーバー先天性黒内障、遺伝子治療の有効性報告/NEJM

提供元:
ケアネット

レーバー先天性黒内障、遺伝子治療の有効性報告/NEJMのイメージ

 小児の進行性網膜変性疾患であるレーバー先天性黒内障について、ヒトを対象とした遺伝子治療の長期有効性の試験結果が報告された。わずかで一過性ではあるが、網膜感度の改善が示されたという。レーバー先天性黒内障は、RPE65遺伝子変異によって生じる。検討では、rAAV2/2 RPE65ベクターを用いた遺伝子治療が行われた。これまでの遺伝子治療の検討では、夜間視力のわずかな改善が示唆されていたがヒトにおける効果については報告が限定的であった。英国・ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのJ.W.B. Bainbridge氏らが報告した。NEJM誌2015年5月14日号(オンライン版2015年5月4日号)掲載の報告より。

12例対象、視機能を3年間測定、イヌモデルについても検討
 試験は非盲検にて行われた第I/II相の臨床試験で、12例を対象に、RPE65の相補的DNAを保有する組換えアデノ随伴ウイルス2/2(rAAV2/2)ベクターを用いた遺伝子治療の安全性と有効性を評価した。また、視機能を3年間測定した。

 被験者4例に低用量のベクターが、8例に高用量のベクターが投与された。同様の用量投与試験をイヌについても行い、ベクター投与量、視機能、網膜電図(ERG)所見における関連性を調べた。

3年間で6例に網膜感度の改善
 程度は異なるものの網膜感度の改善が、3年間で6例にみられた。ピークは治療後6~12ヵ月で、その後低下した。

 ERGによる網膜機能の改善は検出されなかった。

 被験者3例に眼内炎症が、また2例で臨床的に重要な視力の低下がみられた。また、中心窩網膜厚の減少は、患者によってばらつきがみられた。

 一方、イヌに対するrAAV2/2 RPE65遺伝子治療では、低用量群で視覚誘導行動の改善がみられたが、ERG検出による網膜機能の改善が認められたのは高用量群のみであった。

 上記を踏まえて著者は、「rAAV2/2 RPE65遺伝子治療は、わずかで一過性ではあるが網膜感度を改善した。イヌモデルの結果との比較により、視覚路を動かすために必要なRPE65量について種の差があること、また予測したヒトにおける同必要量は、持続的で確実な効果を得られる用量には達していなかったことが示された」とまとめている。

(武藤まき:医療ライター)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら