NK1受容体拮抗型制吐薬ホスネツピタント承認 /大鵬薬品

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2022/04/01

 

 大鵬薬品とヘルシングループは、2022年3月28日、NK1受容体拮抗型薬ホスネツピタント(製品名:アロカリス)について、抗悪性腫瘍薬(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)(遅発期を含む)の効能・効果で製造販売承認を取得した。

 化学療法に伴い発現する悪心・ 嘔吐は、患者のQOLに負の影響をおよぼし、化学療法の施行を妨げる原因となる。ガイドラインでも積極的な予防対策が推奨されている。

 今回の承認は、高度催吐性抗悪性腫瘍薬(シスプラチン)投与患者を対象に、パロノセトロンおよびデキサメタゾン併用下で、同剤とホスアプレピタントの有効性および安全性を比較した第III相試験(CONSOLE6) の結果に基づいたもの。本試験成績は、Journal of Clinical Oncology に掲載された。

(ケアネット 細田 雅之)

参考文献・参考サイトはこちら