免疫チェックポイント阻害薬が有効な固形がんは腸内細菌叢が多様/日本癌治療学会

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2021/11/17

 

 腸内細菌叢の多様性は、固形がん患者の免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の有効性および生存改善に関連していた。

 この研究は、全国的がんゲノムスクリーニングプロジェクトMONSTAR-SCREENのコホート3として行われたもの。国立がん研究センター東病院の洞澤 智至氏が第59回日本癌治療学会学術集会のプレナリーセッションで発表した。

 対象はICI単独または併用療法を受けた固形がん患者で、2019年9月~2020年9月に登録された。治療直前に血液サンプルと糞便サンプルが採取され、腸内細菌叢などのバイオマーカーの状況とICIの有効性が解析されている。

 評価項目は客観的奏効率(ORR)と無増悪生存期間(PFS)で、OTUスコア(Operational Taxonomic Unit:細菌叢を構成する菌種の数を表す)、MSI、血液中の腫瘍変異量(bTMB)、組織腫瘍変異量(tTMB)、といったバイオマーカーとの関係が評価された。OTUのカットオフ値は240以上、TMBのカットオフ値は10mt/Mbと定義されている。

 主な結果は以下のとおり。

・データ入手可能な症例は167例であった。
・がんの種類としては、頭頸部がん(43例)、悪性黒色腫(26例)、胃がん(25例)が多かった。
・ICI単剤治療を受けた症例は31例(19%)、ICI+化学療法を受けた症例は136例(81%)であった。
・単変量解析によるバイオマーカーとORRのオッズ比(OR)は、OTU高値が0.37(p=0.01)、MSI高値が0.27(p=0.16)、bTMB高値が0.57(p=0.28)、tTMB高値が1.28(p=0.86)と、OTUが唯一の独立因子であることが示された。
・OTUとPFSの関係をみると、高OTU患者のPFSは8.6ヵ月、低OTU患者は2.6ヵ月、と高OTU患者で有意に長かった(ハザード比:0.48、95%CI:0.30〜0.78、p=0.002)。

 中間解析ではあるが、進行固形がん患者のICI治療において、腸内細菌叢の多様性は、ORRとPFSの成績に有意に関連していた。これらのデータは、ICIの腫瘍横断的なバイオマーカーとしてのOTUの可能性を示すものだ、と洞澤氏は述べている。

(ケアネット細田 雅之)