加熱式タバコに含まれる未知の56物質、健康影響は?

新型タバコの基礎知識

加熱式タバコに含まれる未知の56物質、健康影響は?のイメージ

紙巻タバコよりもアイコスに多く含まれていた化学物質は56種類。この数字は米国での申請時には報告されなかったそうです。未知な部分の多いこれらの物質の健康影響について、わかっていることは。

最終更新:2019/08/19

期外収縮を“ゼ◯ダの伝説”に例えた話

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

期外収縮を“ゼ◯ダの伝説”に例えた話のイメージ

近年の医学界ではart&scienceが求められますが、心電図判読もまたしかり。これまでラダーグラムに抵抗感があった方も、ゲームに置き換えて連想すれば期外収縮の不応期が読み取れるかもしれません。

最終更新:2019/08/19

高血圧患者の夜間救急対応

診療よろず相談TV

高血圧患者の夜間救急対応のイメージ

先ごろ改訂された『高血圧治療ガイドライン 2019』の内容と本書に基づいた診療上の重要点を伊藤貞嘉氏(公立刈田綜合病院 特別管理者)が解説します。高血圧患者の夜間救急対応のポイントは?

最終更新:2019/08/15

高齢者での注射剤のはじめどき/やめどき

高齢者糖尿病診療のコツ

高齢者での注射剤のはじめどき/やめどきのイメージ

実はむしろ有効なケースもある、高齢者での注射剤の導入について、GLP-1受容体作動薬は4つ、インスリンは7つのポイントをご紹介します。減量・中止の考え方と実際の進め方も。

最終更新:2019/08/13

失神への診断アプローチをモノにする

救急診療の基礎知識

失神への診断アプローチをモノにするのイメージ

今回は「工事現場で失神」の事例です。とくに既往歴や服薬歴のない60歳男性の失神、意識消失。どのようなアプローチで診療すればよいでしょうか。救急診療のエキスパート、坂本壮氏が解説します。

最終更新:2019/08/07

Dr.林の笑劇的救急問答14<下巻>

ケアネットDVD

頭痛の鑑別、覚えていこうよ、ちょっとずつぅ

最終更新:2019/08/07

適切な抗血栓療法は?冠動脈疾患を持つ心房細動

Dr.小田倉の心房細動な日々~ダイジェスト版

同様の試験はこれまでも報告されてきましたが、本試験はNOAC vs.VKAの公平性の点では一番適切と言えるかもしれません。小田倉弘典氏(土橋内科医院院長)が解説します。

最終更新:2019/08/06

逆に加熱式タバコに多く含まれる化学物質とは?

新型タバコの基礎知識

今回は、ニコチン以外の化学物質の量に、紙巻タバコと加熱式タバコでどれくらい違いがあるかをまとめます。一覧にして比較すると、加熱式タバコのほうが多い物質も?

最終更新:2019/08/05

心電図ニガテ症候群へのお助けアイテム

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

エッセー後編の今回は、心電図を友達として迎え入れることで心電図嫌いを克服したDr.ヒロが、現在の働き方にたどり着くまでの切磋琢磨した日々を語ります。心電図が苦手な方も、これを知れば克服できる!?

最終更新:2019/08/05

ミネブロ錠:3剤目のミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬

新薬・新治療法特集

【新薬特集】新しいミネラルコルチコイド受容体ブロッカー、ミネブロについてご紹介します。

最終更新:2019/08/05

薬物療法vs.カテーテルアブレーション

Dr.小田倉の心房細動な日々~ダイジェスト版

心房細動例に対する薬物療法とカテーテルアブレーションを比較したCABANA試験です。解釈の難しい結果となりましたが、小田倉弘典氏(土橋内科医院院長)が解説します。

最終更新:2019/07/30

BNPが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「基準値からずれているけど大丈夫?」そんな患者さんからの質問を検査値スライドでサポート。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/07/26

心臓リハビリ、導入のススメ

今さら聞けない心リハ

心臓リハビリに関する新連載がスタート!基礎知識やそれにまつわる小話を、京都大学医学部附属病院循環器内科医の小笹寧子氏が解説します。第1回は心リハ活用のためのウォーミングアップです。

最終更新:2019/07/24

心電図にくじけそうになったら読むコラム

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

心電図中毒なDr.ヒロも最初は心電図が大の苦手で逃げ出したくなることだらけだったそうな…。今回は番外編として、Dr.ヒロの紆余曲折なライフワークを、心電図を苦手とする方々へエッセーでお伝えします。

最終更新:2019/07/22

ランサップ800の処方での盲点

レセプト査定の回避術

ランサップ800が病名不足で査定された例をお届けします。その他、カリメート散の査定など4つの事例を櫻井雅彦氏が解説します。

最終更新:2019/07/22

カプランマイヤー法とCox比例ハザードモデル、時間の扱いは同じ?

Dr.中川の論文・見聞・いい気分

日本人での厳格なLDL-C管理の有用性を示した、REAL-CAD試験。使われた2つの生存時間解析から、時間の扱いに対する疑問へと話は発展します。30代と80代の1年は等しい?

最終更新:2019/07/17

保険診療で加熱式タバコの禁煙指導はできるか

新型タバコの基礎知識

禁煙外来に加熱式タバコを吸っている患者さんが来た場合、従来どおりの保険診療は可能なのか?そして一酸化炭素測定値の扱いは?

最終更新:2019/07/16

不整脈予測の早ワザを身に付ける

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

前回、不整脈チェックに有用なラダーグラムの活用法について紹介しました。今回は、より簡易的なラダーグラムの描き方と洞周期のリセット現象についてDr.ヒロが伝授します。

最終更新:2019/07/08

年収の納得ラインは?

Dr's Voice

年収に関する現実と本音の1,000人アンケート結果、第4弾。業務内容や仕事量に見合う、年収の“納得ライン”はどのあたりなのか、年代、性別、病床数、勤務施設、診療科別にデータをまとめました。

最終更新:2019/07/03

心房細動:発作性から持続性の移行期にイベント多し

Dr.小田倉の心房細動な日々~ダイジェスト版

Fushimi AF registryから「心房細動は、発作性から持続性への移行期にイベントが多くなる」と報告されました。小田倉弘典氏(土橋内科医院院長)が解説します。

最終更新:2019/07/02

Pages

会員の方へ