コンテンツアーカイブ

Dr.徳田のバイタルサイン講座

医学のしおり

総合診断のノウハウを全国の医師に教育し続けている、あの徳田安春氏の単行本です。患者のバイタルサインを手掛かりに、疾患推断の流れを丁寧に解説!!さらに診療力にパワーをつけたい方にお薦めです。

最終更新:2013/02/04

Dr.清水のおいしい栄養療法

ケアネットDVD

映像だから分かりやすい!栄養療法の入門

最終更新:2013/02/04

症例クイズ「この異常所見が読めますか?」

特集

2月の特集は「COPD」です。第一弾は症例クイズ。軽度の息切れが持続する61歳の喫煙者に胸部X線と胸部CTを実施。この異常所見が読めますか?

最終更新:2013/02/01

【再掲載】第4回 慢性腎不全の食事療法が問題となったケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「医師の診療の義務」です。

最終更新:2013/01/31

症例解説「不適切なオピオイド処方例」~慢性疼痛CASE REPORT~

慢性疼痛診療プラクティス

手術後肩関節周囲部痛が出現。再手術後するも疼痛変化なし。術後難治性疼痛と診断しオピオイドするも効果なく当科受診。肩関節周囲部痛を説明できる器質的疾患は認められなかった。

最終更新:2013/01/30

医療の価値とは何か、本当の競争とは何かを考える3時間!

山本雄士ゼミの第7回をレポート!医師、医学生、社会人が参加し、一つのケースを熱くディスカッション!!今回のケースは、医療の本質、医療における競争についてです。

最終更新:2013/01/30

花粉症特集:舌下免疫療法に関するアンケート結果発表!

特集

注射に比べて通院回数や副作用を減らせる舌下免疫療法。その認知度と実施意向は?

最終更新:2013/01/29

意外と知らない!? 花粉症診療の基本(4) 患者さんにはこうアドバイス!

特集

花粉症治療の大きな柱の1つが、患者さん自身による花粉の回避。マスクやメガネの効果を患者さんに尋ねられたことはありませんか?

最終更新:2013/01/28

女性医師1,000人に聞きました!出産後の復職どうする?復帰にあたっての不安材料は

医師1,000人に聞きました!

「手術中に保育園のお迎えコールが」「子どもと一緒に当直」「そもそも育休がなかった」セキララコメント一挙公開!

最終更新:2013/01/25

「不適切なオピオイド処方例:肩腱板断裂手術後難治性疼痛」症例経過~慢性疼痛CASE REPORT~

慢性疼痛診療プラクティス

手術後肩関節周囲部痛が出現。再手術後するも疼痛変化なし。術後難治性疼痛と診断しオピオイドするも効果なく当科受診。肩関節周囲部痛を説明できる器質的疾患は認められなかった。

最終更新:2013/01/25

レーザー治療、アレルゲン免疫療法の選択基準とは?など気になる質問にズバッと回答!

特集

CareNet.comでは1月の花粉症特集を配信するにあたって、事前に会員の先生より花粉症診療に関する質問を募集しました。その中から、とくに多く寄せられた質問に対し、後藤 穣先生にご回答いただきました。

最終更新:2013/01/25

【再掲載】第3回 肺血栓塞栓症の診断遅延により死亡したケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「診断の見落とし」です。

最終更新:2013/01/24

花粉症特集:治療薬と効果に関するアンケート結果発表!

特集

数多い花粉症治療薬のなかで、多く処方されている薬剤は?「効果が高い」と実感している薬剤は?

最終更新:2013/01/22

薬剤処方時、アトピー性皮膚炎患者さんにどんな説明をしてますか?

Dr's Voice

アトピー性皮膚炎治療において、患者さんの治療に対するモチベーションを保つために、 いろいろと工夫されている先生もいらっしゃると思います。 今回は、薬剤処方時の説明とかゆみの治療に関して、先生にご意見を伺いました。

最終更新:2013/01/21

意外と知らない!? 花粉症診療の基本(3) 期待される舌下免疫療法

特集

花粉症の唯一の根本的治療は免疫療法。これまでの注射免疫療法の欠点を克服した舌下免疫療法とは?在宅による治療が可能になる?!

最終更新:2013/01/21

インフルエンザ診療ハンドブック 専門医にきく30の質問(改訂2版)

医学のしおり

身近な疾患で油断すると危ない「インフルエンザ」について、その基礎と病態、診断・治療に関する疑問を診療のエキスパートがコンパクトに、わかりやすく解説。

最終更新:2013/01/18

Annual Review 呼吸器 2012

医学のしおり

最新の基礎研究、臨床知見をレポートする“Annual Review”は、進歩し続ける呼吸器疾患の各分野で注目される重要事項をまとめ、明日の臨床と研究に役立ててもらうことを目的に作られています。最新版の2012年では、画期的治療につながる分子・細胞レベルの基礎研究から肺癌と感染症における臨床の話題まで幅広く紹介。

最終更新:2013/01/18

アトピー性皮膚炎の患者さんの外用剤に対する印象は?

Dr's Voice

アトピー性皮膚炎治療で重要な位置を占める外用剤。しかし、中にはステロイド外用剤に難色を示す 患者さんや、指示に従わずに自己判断で服用をやめてしまう患者さんもいらっしゃるかと思います。 今回は、先生が考える「患者さんと外用剤」についてご意見を伺いました。

最終更新:2013/01/18

「アロマセラピー」を疾病に応用できるか!?

医学のしおり

代替医療として注目されている「アロマセラピー」の臨床への導入について、本書で詳しく学習!きちんとした臨床データ、科学的根拠も併記して安心、安全な導入を学ぶことができます。

最終更新:2013/01/18

第2世代抗ヒスタミン薬や鼻噴霧用ステロイド薬の違い・使い分けとは?など気になる質問にズバッと回答!

特集

CareNet.comでは1月の花粉症特集を配信するにあたって、事前に会員の先生より花粉症診療に関する質問を募集しました。その中から、とくに多く寄せられた質問に対し、後藤 穣先生にご回答いただきました。

最終更新:2013/01/18

Pages

会員の方へ