コンテンツアーカイブ

ついに第1位発表! 2012年度、心房細動治療に最も影響を与えたニュースは?

特集

今回は、ついに1位を発表。「欧州ガイドライン改訂」「多科連携の必要性向上」。プライマリ・ケア医の実臨床が確実に変わります。この情報は、本当に落とせません。

最終更新:2013/03/25

ストア 医学のしおり 関節・軟部組織注射マニュアル 基本テクニックと診断 原書5版

医学のしおり

臨床に携わる医師ならば、習得しておきたい関節まわりの注射手技。痛み止めなどで一般診療でも施行することは、多いと思われます。そんな手技の入門書が、この1冊。図表を多数使用し、コンパクトに解説されています。

最終更新:2013/03/22

痛みと大脳メカニズムをさぐる

慢性疼痛診療プラクティス

神経障害性疼痛のメカニズムは、大脳レベルでのメカニズムも明らかにされてきている。今回は、新たなトレンドとしての鏡療法、脊髄刺激療法の実際について紹介する

最終更新:2013/03/22

日頃、聞きたかった「あの質問」に心房細動のエキスパートが、明確に回答(Part.2)

特集

今回も、4つの質問に回答します。「抗凝固薬服薬者が出血した時の対処法」「抗血小板薬と抗凝固薬の併用」「レートコントロールの具体的方法」「アブレーションの適応患者と予後」

最終更新:2013/03/22

希少疾病ライブラリ チャーグ・ストラウス症候群

希少疾病ライブラリ

希少疾病診療の今!をお届けする「希少疾病ライブラリ」では、まれにしか遭遇しない難病や希少疾病の概要、診断と治療、紹介先診療科、関連リンクなどをご紹介しています。今週のテーマは「チャーグ・ストラウス症候群」です(毎週木曜更新)

最終更新:2013/03/21

実践!プライマリ・ケア医のための心房細動診療 ~リスクマネジメントの観点から~

特集

開業医の心房細動診療は、どのようにすべきか?ガイドラインには載っていない「本当に聞きたい内容」を解説。勤務医時代とは、まるで違う「プライマリ・ケア医の心房細動診療」を、具体的に解説。

最終更新:2013/03/21

【再掲載】第11回 チャレンジテスト

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「薬剤の副作用」です。

最終更新:2013/03/21

心房細動診療(4) 血栓症と出血のリスクスコアに基づく実践的抗凝固療法

特集

日進月歩で進化を続ける抗凝固療法。最も進んでいるとされる欧州ガイドラインから、今後、推奨される治療を探ります。出血リスクをどう評価し、誰に、どのような抗凝固療法を施すか?

最終更新:2013/03/19

いよいよ第2位 2012年度心房細動トピックス ~知らないといけない大きなトピックス

特集

今回は、いよいよ2位を紹介。「早期診断ツールの開発」「新薬発売で変わるか?」。プライマリ・ケア医の実臨床に影響を与えるトピックス。小田倉先生が詳しく解説

最終更新:2013/03/18

日頃、聞きたかった「あの質問」に心房細動のエキスパートが、明確に回答

特集

今回は、4つの質問に回答します。「高齢者への抗凝固療法」「抜歯、手術、消化器内視鏡時の抗凝固療法」「新規抗凝固薬の違い、使い分け」「新規抗凝固薬のモニタリング」

最終更新:2013/03/15

希少疾病ライブラリ ポンペ病

希少疾病ライブラリ

希少疾病診療の今!をお届けする「希少疾病ライブラリ」では、まれにしか遭遇しない難病や希少疾病の概要、診断と治療、紹介先診療科、関連リンクなどをご紹介しています。今週のテーマは「ポンペ病」です(毎週木曜更新)

最終更新:2013/03/14

2012年度10大ニュース~心房細動編~ 第3位

特集

今回は3位を紹介。「トリプルテラピーを避ける」「ダビガトランへの知の集積進む」。プライマリ・ケア向け。今すぐ日常臨床を変えるトピックスです。

最終更新:2013/03/14

【再掲載】第10回 椎間板ヘルニア手術で歩行不能となったケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「手術時の説明義務」です。

最終更新:2013/03/14

心房細動診療(3) 抗凝固療法のスタンダード

特集

最近話題の抗凝固療法をまとめました。わが国の治療実態、ガイドライン、薬剤特性など、最低限おさえておきたい情報です。

最終更新:2013/03/13

添付文書の解釈をめぐる、司法と臨床現場の乖離!医師は添付文書に100%従うべきか!?

MediLegal

外来や病棟で使用される薬剤の添付文書は、臨床現場では尊重されていますが、必ずしもその通りされているわけではありません。では従わず、重大な事象が起ってしまったら!今回のケースでは「添付文書の順守と過失」について学習します。解説は医師で弁護士の大磯義一郎氏が、丁寧にレクチャー!!

最終更新:2013/03/13

2012年度10大ニュース~心房細動編~ 第4位

特集

今回は4位を紹介。「アブレーションの発表続々」「内視鏡時の抗凝固療法ガイドライン」トピックス。ブログ「心房細動な日々」の執筆者、小田倉先生、渾身のレポートです。

最終更新:2013/03/12

Dr.林の笑劇的救急問答8<下巻>【外傷診療編】

ケアネットDVD

ドクター林が再現ドラマで腹部と骨盤の外傷の基本を解説!

最終更新:2013/03/11

【再掲載】第9回 治療時機を逸して死亡した頭部外傷のケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「救急時の診断ミス」です。

最終更新:2013/03/07

心房細動診療(2) 脳梗塞発症予防の基本

特集

心房細動患者に対する脳梗塞発症予防。今回は基本をまとめています。かなり誤解されている重要なトピックスがあります。

最終更新:2013/03/06

2012年度10大ニュース~心房細動編~ 第5位

特集

今回は5位を紹介。実臨床に影響を与えた心房細動トピックス。ブログ「心房細動な日々」の執筆者、小田倉先生がプライマリ・ケア向けに執筆した渾身のレポートです。

最終更新:2013/03/05

Pages

会員の方へ