コンテンツアーカイブ

喘息治療の最新事情(成人編)疫学~治療薬一覧

特集

変化する喘息治療。その最新情報を紹介。KeyNoteLecture第1回は基本情報-1として、疫学から治療薬一覧まで紹介

最終更新:2013/12/03

梅村聡「医師が現場で見ている医療と国会から見える医療はどう違うのか?」

今回の放送では、内科医でありながらも、参議院議員として「がん対策基本法」の具体化などに取り組まれた、梅村聡先生をゲストにお迎えします。臨床現場から離れた国会で、医療はどのように見られているのか?医療への認識の差について話を聞きます。番組ホストはミナケア代表取締役の山本雄士先生です。

最終更新:2013/12/03

医師の7割がTPPに賛成!一方で、8割以上が日本の医療制度に影響を及ぼすと考える

医師1,000人に聞きました!

「政府はもっと具体像を出して欲しい」との声も寄せられた今回の調査。TPP最終合意へ向けて交渉が進む中で、TPPが医療へ及ぼす影響を医師はどのように考えているのか調査しました。

最終更新:2013/11/29

【再掲載】第47回 気管支喘息で入院中に、自宅から持ち込んだ玩具で窒息した乳児例

リスクマネジメント

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項などをお届けします。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「不測の事態と病院の結果責任」です。

最終更新:2013/11/29

食事療法を成功させる体重測定

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

患者指導画集の第3回は、食事指導でのちょっとしたコツのお話です。面倒なカロリー計算を省き、1分で患者さんに実行しやすい指導を行うポイントをお届けします。監修は坂根直樹氏(京都医療センター)。

最終更新:2013/11/29

大石佳能子「多死社会で外来患者減少へ!医師の役割、仕事はどう変わるか?」

多死社会を迎える日本。在宅医療のニーズは増える一方で、外来患者が減っていくなど、環境の変化が予想されます。医師の役割や仕事はどう変わり、どのような能力が求められる時代になるのか?経営コンサルタントとして、数多くの医療機関をサポートし、医療現場に大変詳しい大石佳能子氏にお話をうかがいます。

最終更新:2013/11/27

鼠径ヘルニアは問診と診察で診断を

家庭医療のパール

日本プライマリ・ケア連合学会 海外家庭医療雑誌 表題翻訳プロジェクトからの寄稿連載。第2回は日常診療でもよく遭遇する「鼠径ヘルニア」におけるクリニカルパールを紹介。

最終更新:2013/11/27

【再掲載】第46回 帝王切開術後のMRSA感染症で重度後遺障害が残存したケース

リスクマネジメント

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項などをお届けします。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「分娩に起因する感染症とその結果」です。

最終更新:2013/11/22

インスリン導入で憂慮すべきリスク、「低血糖」を学びます

特集

特集・糖尿病の第4回では、「インスリン療法導入のピットフォール」と題して、インスリン療法で一番念頭におくべきリスク、「低血糖」への対応について、そして、インスリンの離脱についてスライドで学習していきます。

最終更新:2013/11/22

便のニオイで病原微生物がわかる

Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を月2回紹介。第7回は、「便のニオイで病原微生物がわかる?」

最終更新:2013/11/21

HbA1cの目標値を覚えてもらうには?

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

患者指導画集の第2回は、患者さんへの血糖値の指導です。HbA1c、空腹時血糖、SMBG、血圧、脈拍数など患者さんの頭の中は数字で爆発しそうなときに、この方法で指導すれば、すっと頭に入り、ずっと記憶に残ります。執筆は坂根直樹氏(京都医療センター)。

最終更新:2013/11/20

高齢の糖尿病患者のフォロー、自信のつくやり方教えます

特集

前回に引き続き糖尿病専門医が日常診療の疑問にコンパクトに回答。「経口血糖降下薬の減量の方法」「高齢の糖尿病患者のフォロー」、「食事のできないときのインスリン使用のコツ」などをエキスパートドクターの熊代尚記氏が解説します。

最終更新:2013/11/19

山下武志「『病院をディズニーランド化しよう!』の意図」

院長就任後2回目の所感で、全職員を前に「病院をディズニーランド化しよう!」と宣言した山下武志先生。これが病院を変えるための第一歩だったといいます。この言葉に込められた山下先生の真意とは?チームを動かすセオリーとは?番組ホストのCareNet.com編集長・藤原健次が迫ります。

最終更新:2013/11/19

【再掲載】第45回 点滴ヘパリンロックの際に間違えて消毒薬を注入したケース

リスクマネジメント

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「医療ミスと異状死体の取扱」です。

最終更新:2013/11/15

診療時間を短縮し、患者さんへの的確な指導をサポートする

特集

スマホの普及により、慢性疾患の診療を支援する医療アプリも充実してきました。また、それを使用する患者さんも年々増加しています。今回は、糖尿病の診療支援アプリに焦点をあて、代表的なアプリの機能や使用感、効果のレポートをお届けします。

最終更新:2013/11/15

SGLT2阻害薬の認知度も。「糖尿病白書2013」 公開中

診療白書

今年は「SGLT2阻害薬」への認知・処方意向も調査!「糖尿病診療」に関する実態調査~2013年版~リサーチ結果の抜粋版を、ただいま公開中です。

最終更新:2013/11/14

BOT導入後でうまくいかないときの対応をコンパクトに学習

特集

11月の特集は、「世界糖尿病デー」にちなみ糖尿病の第3弾をお送りいたします。第3回では、「インスリン療法導入のコモンセンス」と題して、BOTの次のステップへ進みます。また、経口血糖降下薬とインスリンとの相性など、医師が日常診療で抱かれる疑問をスライドで学習していきます。

最終更新:2013/11/14

記憶に残る患者指導で治療への意欲をアップ

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

糖尿病の患者指導で絶大な支持を誇る坂根直樹氏監修の最新コンテンツの登場です。どんなによい治療薬があっても患者さんがその気にならないと治療はうまく行きません。いかに外来でやる気にさせるか。指導画を通じて患者さんに働きかけてみませんか。

最終更新:2013/11/13

診療ガイドラインは医療従事者だけのものではない

MediLegal

今回のテーマは「診療ガイドライン その3」として、ガイドラインが裁判で使用された事例をご紹介します。もはや医療従事者だけのものではない診療ガイドライン。これからのかたちを、解説の医師資格をもつ新進気鋭の弁護士、大磯義一郎氏が提案します。毎月1回配信。

最終更新:2013/11/13

藤沼康樹「日本に本当の家庭医は根づくのか?」

近年高まってきた在宅医療のニーズや、新しく制度化される総合診療医など、家庭医を取り巻く状況は刻々と変化しています。英国のような制度がない中で、家庭医はどのように動いて行くのか? 家庭医の先駆者である藤沼康樹先生に詳しくお話をうかがいます。番組ホストはメディファーム代表取締役・裴英洙先生です。

最終更新:2013/11/13

Pages

会員の方へ