お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

糖質管理に関しての注意点や重要性

「食品交換表第七版」編集委員をつとめた幣憲一郎先生が、2016年9月開催「食事指導・栄養管理アップデートセミナー」で血糖コントロールの観点から果物摂取について解説しました。血糖管理を考えた果物の「適量」や「選び方」のポイントと…

最終更新:2017/02/08

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第8回

CoreValveの次世代型Evolut-RとTAVI標準デバイスSAPIEN3を比較した試験の結果について、各デバイスの特徴や臨床での経験と併せて解説します。

最終更新:2017/01/30

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第7回

肺静脈隔離術後の抗凝固療法中止で脳梗塞リスクが上昇する可能性をレジストリ研究が示唆。心房細動治療および脳梗塞予防に対し一石を投じる本結果を金子氏はどうみるのか?

最終更新:2016/12/26

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第6回

左心耳閉鎖について各国のエキスパートが集まり、集中的に議論されるワークショップ、LAAフランクフルト2016。今、世界ではどのような点が重要視されているのか?

最終更新:2016/11/30

ABSORB臨床試験プログラムのグローバルリーダーGregg W. Stone氏

生体吸収性スキャフォールドの先駆的臨床試験であるABSORB臨床試験プログラムの最高責任者Gregg W. Stone氏にケアネットが単独インタビュー。

最終更新:2016/11/18

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第5回

世界的に急速に普及が進む経カテーテル大動脈弁置換術後の血栓症は「きわめてまれ」と言われてきた。しかし、最近の研究では新たな懸念として注目されてきている。

最終更新:2016/10/31

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第4回

日本での治験も終了し、近い将来の導入が予想されている僧帽弁不全症治療デバイスMitraClip。その基本情報とドイツの現状を紹介します。

最終更新:2016/09/28

治療できるライソゾーム病 ―ポンペ病を見逃さないために―

ポンペ病は、さまざまな臨床症状を呈し、早期に死に至ることもある重篤な疾患ですが、酵素補充療法により治療が可能です。早期発見・治療が重要となる本疾患を見逃さないためのポイントとは?

最終更新:2016/09/08

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第3回

2014年にCEマークを取得して以来、瞬く間に欧州でTAVIの標準デバイスとしての地位を確立したSapien 3 がついに日本上陸。TAVIの弱点を克服したその特徴とは?

最終更新:2016/08/26

治療できるライソゾーム病 ―ムコ多糖症を見逃さないために―

ムコ多糖症は、さまざまな臨床症状を呈し、早期に死に至ることもある重篤な疾患ですが、酵素補充療法により治療が可能です。早期発見・治療が重要となる本疾患を見逃さないためのポイントとは?

最終更新:2016/08/25

Pages

会員の方へ