コロナワクチンは高齢者の死亡をどの程度防いだか/厚労省アドバイザリーボード

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2021/09/14

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策として定期的に厚生労働省で開催されている「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」の第51回(9月8日開催)において、「新型コロナウイルス感染症に対するワクチン等の効果の推定」が報告された。
 資料では、65歳以上の高齢者についてワクチンをしなかった場合の推定から実数を比べ、ワクチンの効果を示したもの。
 65歳以上の高齢者の9割近くが2回のワクチン…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

(ケアネット 稲川 進)