間質性肺炎合併NSCLCに対するカルボプラチン+nabパクリタキセルの成績

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2019/11/22

 

 間質性肺疾患(ILD)を合併する非小細胞肺がん(NSCLC)の予後は不良であり、また、肺がん治療によりILD悪化のリスクが高まる。とくに、化学療法を受けた患者の5~20%でILDが増悪するとされる。静岡県立静岡がんセンターの釼持 広知氏らは、ILDを合併したNSCLC患者に対するカルボプラチン+nabパクリタキセルの効果と安全性を評価する多施設第II相試験を実施、その結果が発表された。Cancer Science誌オンライン版2019年10月13日号掲載の報告。

・対象:軽度~中等度のILDを合併した進行NSCLC患者
・介入:カルボプラチン(AUC6 day1)+nabパクリタキセル(100mg/m2 day1、8、15)3週ごと4サイクル(最大6サイクル)
・評価項目:
[主要評価項目]プロトコール治療28日後のILD無増悪の割合
[副次評価項目]奏効率(RR)、無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)、ILD増悪の割合、毒性

 主な結果は以下のとおり。

・94例が登録され、92例がプロトコール治療を受けた。
・患者の年齢中央値は70歳、非扁平上皮がんが58%を占めた。
・プロトコール治療28日後のILD無増悪の割合は95.7%(92例中88例)であった。
・RRは51%(95%信頼区間:40~62)であった。
・PFS中央値は6.2ヵ月、OS中央値は15.4ヵ月であった。
・頻度の高いGrade3/4の有害事象は好中球減少75%、白血球減少53%、血小板減少20%で、治療関連死は2例であった。

(ケアネット 細田 雅之)