オマリズマブは日本の重症小児喘息でも有用か?

提供元:
ケアネット

オマリズマブは日本の重症小児喘息でも有用か?のイメージ

 オマリズマブ(商品名:ゾレア)は日本の重症な小児喘息に対しても有用であることを国立病院機構 福岡病院 小児科の小田嶋 博氏らが報告した。Allergology international 誌2015年10月号の掲載報告。

 オマリズマブは中等症から重症のアレルギー性喘息を有する小児患者に対する臨床的な有用性が論証されている。しかしながら、日本の小児喘息患者を対象とした研究はこれまで行われてこなかった。

 本研究は重症の小児喘息患者におけるオマリズマブの有効性(遊離IgE抗体の減少)と安全性の評価を目的としており、第1の目的はオマリズマブが血清遊離IgE抗体を25ng/mL(減少の目標値)まで低下させるかを調べることである。

 対象は吸入ステロイド(200μg/日超のフルチカゾンプロピオン酸またはそれと同換算量)、または2剤以上の管理薬を使用しているにもかかわらず、コントロール不良な重症小児喘息患者(6~15歳)38人で、多施設共同のオープンラベル非対照試験において、オマリズマブの24週の追加投与を受けた。

 主な結果は以下のとおり。

・24週時の幾何学的な血清遊離IgE抗体の平均値は15.6ng/mLであった。

・24週時の喘息症状スコア(日常生活スコア、夜間睡眠スコア)はベースライン時と比べ、有意に改善した。

・ベースライン時と比べ、喘息の増悪率や喘息による入院率は、それぞれ69.2%、78.2%減少した(p<0.001)。

・QOLスコアも有意に改善した(p<0.001)。

・11人(28.9%)の患者は喘息管理薬の投与量が減少した。

・36人(94.7%)の患者は治療期間中、少なくとも1つの副作用が認められた。

・副作用はすべて軽度から中等度であり、問題となる新たな副作用は認められなかった。

・試験期間中に脱落した患者はいなかった。

(ケアネット 鎌滝 真次)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ