コンテンツアーカイブ|page:260

【再掲載】第34回 ジャクソンリースと気管切開チューブの接続不具合で死亡した乳児のケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「医療機器の不具合と結果責任」です。

村上智彦「日本の医療は崩壊しない!夕張を救った『明るいまちづくり』とは?」

NPO法人ささえる医療研究所代表の村上智彦先生がゲストで登場します。「日本は『医療が崩壊する』と悲観し過ぎている。問題を医療の枠組みだけで考えずに、まち(地域)全体で考えれば良い」と唱える村上先生に、夕張の医療を救った「明るいまちづくり」について語っていただきます。番組ホスト役はメディファーム代表取締役裴英洙先生です。

【再掲載】第33回 帝王切開の決定時期が遅れて胎児仮死・低酸素脳症となったケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「分娩時の不測事態とその責任」です。

【再掲載】第32回 褥瘡患者の体位交換が3時間おきでも不適切と判断されたケース

「リスクマネジメント」では、長野展久氏を解説に迎え、医療事故裁判から見えてくる臨床での問題点や問題に共通するリスク事項等を学習します。明日被告人にならないための知識を手に入れましょう。今回のテーマは「患者ケアと結果責任」です。

鈴木洋通「2025年高齢者激増!医療費爆発への処方箋」

2025年には高齢者が全人口の30%を超え、「生活習慣病」や「がん」、「透析」が激増すると予測されています。すでに医療費が膨らみ逼迫している日本の医療保険制度。果たして持ちこたえることができるのでしょうか?透析専門医として、現場で高齢者医療をみてきた鈴木先生が、医療費爆発への処方箋についてご自身の意見を語ります!ホスト役はCareNet.com編集長の藤原健次です。