お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

遺伝性出血性毛細血管拡張症〔HHT:hereditary hemorrhagic telangiectasia〕

遺伝性出血性毛細血管拡張症〔HHT:hereditary hemorrhagic telangiectasia〕のイメージ

遺伝性出血性毛細血管拡張症は、別名「オスラー病」といい、体のさまざまな部位に血管奇形が形成される遺伝性疾患です。本症の最新知見について小宮山 雅樹氏が解説します。

最終更新:2017/07/11

2017年度認定内科医試験、直前対策ダイジェスト(後編)

2017年度認定内科医試験、直前対策ダイジェスト(後編)のイメージ

今週末に迫った認定内科医資格認定試験。知識のヌケモレはありませんか? 試験対策のエキスパートによる長年の分析で見えてきた「頻出ポイント」を最後に確認しておきませんか。

最終更新:2017/06/27

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第12回

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第12回のイメージ

新治療として期待される、Valve-in-Valve TAVIのレジストリ研究結果が発表され、明確なラーニングカーブの存在が明らかに。予後に寄与するほかの因子とは?

最終更新:2017/06/27

遺伝性血管性浮腫〔HAE:Hereditary angioedema〕

遺伝性血管性浮腫〔HAE:Hereditary angioedema〕のイメージ

遺伝性血管性浮腫は、全身のさまざまな部位に浮腫が生じる比較的女性に多い希少疾病です。とくに咽頭浮腫を見逃すと予後も不良なことも。本症の最新知見について堀内 孝彦氏が解説します。

最終更新:2017/06/27

2017年度認定内科医試験、直前対策ダイジェスト(前編)

2017年度認定内科医試験、直前対策ダイジェスト(前編)のイメージ

7月2日に迫った認定内科医資格認定試験。知識のヌケモレはありませんか?試験対策のエキスパートによる長年の分析で見えてきた傾向と対策をダイジェストでご紹介します。

最終更新:2017/06/21

X染色体遺伝性低リン血症〔XLH:X-linked hypophosphatemic rickets〕

X染色体遺伝性低リン血症は、発症頻度が数万人に1人の遺伝性疾患です。患者は成長障害により骨変形、筋力低下などを伴い、長年にわたりQOLが阻害されます。本症の最新知見について道上 敏美氏が解説します。

最終更新:2017/06/13

海外学会開催地オススメ情報「シカゴ(米国)」

ケアネットでは、学会に参加しながら米国第2の都市シカゴをお楽しみいただくため、会員の方々から現地の名所、おすすめのレストランなどを募集しましたのでご紹介します。

最終更新:2017/05/31

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第11回

自然経過が不明で治療指針が確立されていない中等度AS。今後の適応を考えるうえで重要になる、左室機能低下を合併した症例の予後に関係する研究結果が発表された。

最終更新:2017/05/30

マントル細胞リンパ腫〔MCL: Mantle cell lymphoma〕

マントル細胞リンパ腫は、中年以上の男性に発症するまれな悪性リンパ腫です。近年では、新しい治療薬も増え、再発や抵抗性への効果も報告されつつあります。最新の知見を棟方 理氏が解説します。

最終更新:2017/05/23

サルコイドーシス〔sarcoidosis〕

サルコイドーシスは、多彩な症状を示すことから、診療が複数の診療科にまたがる希少疾病です。2015年にはわが国の診断の手引きなどが改訂されました。こうした最新の知見を猪俣 稔氏が解説します。

最終更新:2017/05/02

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら