お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第9回

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第9回のイメージ

大動脈弁より課題が多いと考えられてきた経カテーテル僧帽弁置換。注目を集める本領域の治療デバイスの代表、Tendyneの短期予後に関する研究結果が発表された。

最終更新:2017/02/27

悪性黒色腫〔malignant melanoma〕

悪性黒色腫〔malignant melanoma〕のイメージ

近年、多くの治療薬が発売されている「悪性黒色腫」。本症の診療は、どうなっているのでしょうか。最新の知見を斎田俊明氏の解説でお届けします。

最終更新:2017/02/21

食事摂取基準からみる果物の活用と位置づけ

食事摂取基準からみる果物の活用と位置づけのイメージ

新たに生活習慣病の重症化予防の概念が加わった「食事摂取基準 2015年版」。その策定に携わった上西一弘先生が、2016年9月開催「食事指導・栄養管理アップデートセミナー」で果物の栄養価値についてわかりやすく解説しました。

最終更新:2017/02/10

糖質管理に関しての注意点や重要性

糖質管理に関しての注意点や重要性のイメージ

「食品交換表第七版」編集委員をつとめた幣憲一郎先生が、2016年9月開催「食事指導・栄養管理アップデートセミナー」で血糖コントロールの観点から果物摂取について解説しました。血糖管理を考えた果物の「適量」や「選び方」のポイントと…

最終更新:2017/02/08

ハンチントン病〔HD:Huntington’s disease〕

ハンチントン病〔HD:Huntington’s disease〕のイメージ

ハンチントン病は、遺伝性の中枢神経変性疾患で、運動、認知機能、精神を障害します。発症年齢も幅広く、30代以降での発症が多いです。本症の最新知見を後藤 順氏が解説します。

最終更新:2017/02/07

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第8回

CoreValveの次世代型Evolut-RとTAVI標準デバイスSAPIEN3を比較した試験の結果について、各デバイスの特徴や臨床での経験と併せて解説します。

最終更新:2017/01/30

家族性アミロイドポリニューロパチー〔FAP: familial amyloid polyneuropathy〕

FAPは、神経症状だけでなく、消化器、循環器、眼、腎臓など多臓器にわたる症状を起こす難病です。肝移植治療のほか、治療薬も使えるようになりました。植田光晴氏が最新知見を解説。

最終更新:2017/01/24

脊髄空洞症〔syringomyelia〕

脊髄空洞症は、病名の通り、脊髄に空洞性病変が生じることで四肢の知覚鈍麻や筋力低下、疼痛などを引き起こす、原因不明の疾患です。本症の最新知見について高野裕樹氏が解説します。

最終更新:2017/01/10

金子英弘のSHD intervention State of the Art 第7回

肺静脈隔離術後の抗凝固療法中止で脳梗塞リスクが上昇する可能性をレジストリ研究が示唆。心房細動治療および脳梗塞予防に対し一石を投じる本結果を金子氏はどうみるのか?

最終更新:2016/12/26

高安動脈炎〔TAK : Takayasu Arteritis〕

「高安動脈炎」は、発見者の高安右人氏に由来する希少疾病です。若年女性、とくに20代での発症が多く、多彩な症状ゆえに治療も多岐にわたります。本症の最新知見を吉藤 元氏が解説。

最終更新:2016/12/20

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら