眼科の海外論文・最新ニュースアーカイブ

ED治療薬が眼疾患のリスクを高める?

 勃起障害(ED)治療薬が網膜や視神経の病気のリスクを高めるのではないかとする論文が、「JAMA Ophthalmology」に4月7日掲載された。ED治療薬が処方されている人は、絶対リスクは低いながらも、網膜剥離などの相対リスクが85%有意に高いという。論文の筆頭著者であるブリティッシュコロンビア大学(カナダ)のMahyar Etminan氏は、「網膜に何らかの疾患リスクがある人は、ED治療薬の服用に際して医師に相談すべきかもしれない」と述べている。  PDE5阻害薬と呼ばれるED治療薬の使用と網膜疾患とのリスクの関連については、これまでにも複数の研究結果が報告されている。しかし、いずれも小規模な研究であり、結果に一貫性が見られない。これを背景としてEtminan氏らは、2006~2020年の医療費請求データベースを用い、米国成人男性21万3,033人(平均年齢64.6±13.3歳)を対象とする大規模な症例対照研究を行った。

糖尿病になっても眼の検査で視力を守れる

 眼の検査を毎年受けていれば、糖尿病患者であっても視力を守ることができるだろうか?「間違いなくできる」。そう答えるのは、米ペンシルベニア州立大学アイセンターのJeffrey Sundstrom氏だ。  Sundstrom氏は同大学のプレスリリースの中で、「糖尿病は網膜の血管の状態を変化させることが知られている。それらの血管の変化は、初期段階では自覚症状を引き起こさない。よって、視力低下を防ぐための対策を講じるには、網膜の血管の変化を早期に発見することが極めて重要だ。その方法は、散瞳検査を毎年受けることである」と解説している。散瞳検査とは、眼底に広がっている網膜の隅々まで念入りに観察するため、瞳孔を大きく開く目薬をさして(散瞳して)から行う眼底検査のことだ。

うつ病とドライアイ症状との関係~DREAM研究

 うつ病患者は、ドライアイ症状を有する割合が高いといわれているが、ドライアイ症状の重症度とうつ病との関連はよくわかっていない。米国・ペンシルベニア大学のYi Zhou氏らは、うつ病とドライアイ症状の重症度、兆候、炎症マーカーとの関連を調査した。その結果、うつ病はドライアイ症状の重症度および全体的な兆候と関連しており、中等度~重度のドライアイ症状を有するうつ病患者では、ドライアイ症状がより重度である可能性が示唆された。JAMA Ophthalmology誌2022年4月1日号の報告。

ドライアイの女性は老眼になりやすい?―慶大

 ドライアイの女性は老眼になりやすい可能性を示唆するデータが報告された。慶應義塾大学医学部眼科の綾木雅彦氏、根岸一乃氏らの研究によるもので、詳細は「BioMed Research International」に1月28日掲載された。眼の表面の涙の膜の安定性が低い女性はそうでない女性よりも、水晶体の厚さの調節力が有意に低いという。一方、男性ではそのような関係が見られないとのことだ。  眼は水晶体(眼のレンズ)の厚さを変えることで、瞳孔から入った光の屈折を調節し、網膜にピントを合わせている。ところが、加齢とともに水晶体の柔軟性が徐々に失われるため、ピントを合わせられる範囲が狭くなる。これが老眼であり、このような変化に伴い近くのものが見にくくなるほかに、眼精疲労などが起きやすくなる。一方、ドライアイは、涙の量が少ないことや、涙の膜の安定性が悪いために、眼の表面(角膜や結膜)が乾燥しやすくなる病気であり、眼精疲労のほかに眼の痛みや視力の低下などが自覚される。

抑うつはドライアイの症状を悪化させる?

 慢性的なドライアイに加えて抑うつ症状を抱えている人は、ドライアイはあるが抑うつ症状はない人と比べて、目の症状が悪化しやすい可能性のあることが、米ペンシルベニア大学ペレルマン医学部のGui-shuang Ying氏らの研究で示唆された。この研究結果は、「JAMA Ophthalmology」に3月10日発表された。  Ying氏らは、「抑うつがドライアイの重症度に影響を与えているのか、あるいはドライアイの症状が抑うつをもたらしているのかについては不明」とした上で、「重要なのは、抑うつと重症のドライアイが関係している可能性があるという点であり、患者や医療従事者はそのことを認識しておくべきだ」と話している。

妊娠高血圧腎症の影響は中年期以降も目に認められる?

 妊娠中に妊娠高血圧腎症を発症した女性では、中年期に及んでも目の細小血管にダメージの兆候が見られるとする研究結果が報告された。研究を実施した米マサチューセッツ総合病院(MGH)の心臓専門医Michael Honigberg氏らは、この細小血管障害により、妊娠高血圧腎症の既往を持つ女性における後年の心疾患のリスク増加を説明できる可能性があると見ている。この研究の詳細は、「Circulation」2月15日号に掲載された。  妊娠高血圧腎症は、尿中に過剰なタンパク質を伴う高血圧であり、妊婦の最大8%が発症する。適切に管理しないと、妊娠高血圧腎症により母子に深刻な合併症が生じる可能性がある。

運動でドライアイが改善?

 運動には、ドライアイを改善する効果もあるのかもしれない。その可能性を示唆する研究論文が「Experimental Eye Research」1月号に掲載された。論文著者の1人であるウォータールー大学(カナダ)のHeinz Otchere氏は、「われわれの研究は、現在行われている点眼薬を含むドライアイ治療の代わりに、運動が眼の乾燥の予防策になり得るか否かの結論を得ることを目指した」と、研究目的を語っている。  眼の表面(角膜と結膜)は、涙液の膜で覆われている。涙液は瞬きをした瞬間に眼球表面全体に広がって、角膜や結膜に水分を補給したり、ほこりや汚れなどの刺激物から保護するように働く。健康な涙液の膜は、油や水、ムチンと呼ばれる糖タンパク質が層状になっているが、それらのいずれかの層が不安定だと涙液の膜が途切れやすくなる。その結果、眼球表面が乾燥しやすくなる病気がドライアイで、痛みや灼熱感、かゆみなどの症状が現れる。

脳卒中や心臓発作と網膜静脈閉塞症との有意な関連が明らかに

 網膜の静脈の流れが滞り、視野の異常などが生じる「網膜静脈閉塞症」の患者は、心臓や脳の血管が詰まったり心不全になるリスクが有意に高いことが、日本人を対象とする研究から明らかになった。順天堂東京江東高齢者医療センター眼科の小野浩一氏らの研究によるもので、詳細は「Medicine」に12月30日掲載された。  網膜静脈閉塞症(RVO)は、眼底の網膜にある静脈が閉塞して血流が遮られ、網膜に出血や浮腫が起きる病気。視野が欠けたり、しばらくたってから出現する新生血管の影響で網膜剥離や血管新生緑内障などが引き起こされ、より深刻な視覚障害を招くことがある。RVOが起きる原因の多くは、静脈と隣接している動脈に生じる動脈硬化にある。そのためRVOの患者は、動脈硬化によって生じる心筋梗塞や脳卒中などにもなりやすいと考えられる。しかし、その関係を実際に証明した日本人対象の研究データはこれまでなかった。小野氏らは、この点を検証するために以下の検討を行った。

スポーツクラブは子どもの視力低下を防ぐ?―早大

 塾通いをしている子どもは視力が低下しがちだが、スポーツクラブにも通うことで、そのリスクが抑制されるのではないかとする研究論文が発表された。早稲田大学先端生命医科学センターの柴田重信氏らが、小学生を対象に行った調査の結果であり、詳細は「International Journal of Environmental Research and Public Health」に11月26日掲載された。  近視は学齢期に発症することが多く、成人後の新規発症は少ない。そのため学齢期の近視の発症や進行を防ぐことが、その後の長い人生の視機能にとって重要。近視の発症には遺伝要因と環境要因があり、後者に対する介入により近視の発症・進行を抑制可能と考えられる。近視の発症を促す環境要因として、学習やゲーム、パソコンなどの近見作業が挙げられ、一方、スポーツや野外活動は近視リスクを抑制する可能性があるとされている。しかし、学習とスポーツの相互の影響を定量的に検討した研究は、これまで行われていない。柴田氏らは、小学生を対象とする横断研究により、この点を検討した。

2型糖尿病の子どもの視覚障害リスクは1型の子どもより高い

 2型糖尿病の子どもは1型糖尿病の子どもよりも、網膜症リスクが高い可能性を示唆するデータが報告された。米メイヨー・クリニックのPatricia Bai氏らの研究によるもので、詳細は「JAMA Ophthalmology」に12月2日掲載された。  この研究は、米国ミネソタ州オルムステッド郡の住民の医療記録データを遡及的に解析するという手法で行われた。1970~2019年に同郡に住んでいた人のうち、22歳未満で糖尿病と診断された人が1,362人(95.7%が白人)存在していた。そのうち糖尿病の病型の明確な記録があった606人のうち、525人(86.6%)に少なくとも1回以上の眼科検査が施行されていた。それらの患児は男子が50.3%で、糖尿病診断時の平均年齢は12.1±5.4歳だった。  糖尿病関連眼疾患は、1型糖尿病患児では461人中147人(31.2%)、2型糖尿病患児では64人中17人(26.6%)に記録されていた。2型糖尿病患児が糖尿病と診断されて15年以内に非増殖網膜症を発症するリスクは、1型糖尿病患児の2倍近く高かった〔ハザード比1.88(95%信頼区間1.13~3.12)、P=0.02〕。